/ 雑記帳

[ カテゴリー » 徒然日記 ]

独り言...

超高級機を並べてお金かかってる的成金Audioは
嫌いというか...羨ましい(笑)
自分もお金があったら
こんな面倒な自作Audioなんてやっていないと思う。
アキュフェーズのシャンペンゴールド色のモノA級アンプを何台も並べて
マルチシステムとかやっていたと思う(笑)

現実は仕方なく作るワケだが(笑)
ただ...
作るからには完成!音が出れば良いAudioとか
作るのが難しくて音が出て達成感バンザイAudioとか
動作原理もよく分からず高級な部品、入手難な部品を使っての凄いだろAudioとか
音は良いのだが見栄えが汚いAudioとか
そうならない様に....

そして全ての基本原則は
基板だろうがケース(外観)だろうがすべてが美しく!!

音的にもカウターポイント的な部分を目指す様に 心がけているつもりではある。
それでも良い部品は高価で
自作すれば市販されている製品よりも高価になる事もある^^;
しかしそれは高価な部品は高性能なものがあるからで
その特性が必要だから使うのであって決して自慢する為ではない^^;
その部品の良さが音に出るから使っているのである...
ただ、ただ もっと音楽を聴くことで感動したい。それだけ

— posted by くま at 09:23 pm  

来月からまたバイトがスタートかな?!

バイト先から電話が来た...
良かった。これでまた部品が購入出来そうだ(笑)

これで手持ち部品or基板は販売しなくて済む
完成基板はすべて組み込んでしまっているんだな(笑)

— posted by くま at 12:24 am  

小型化....

その辺に落ちていた部品を拾ってインターメッツォ...(笑)
実験用電源基板なのでどんな電圧にも対応出来る様にしてあったがプラス音質も欲しくなり
ジャイアン氏のフロントレギュレーターなるものを追加したくなった。
リード線ブラブラだと持ち運びが面倒になるのでノイズフイルターは母基板に載せたままで
3端子レギュレータ部分をサブ基板に搭載して無理やり組み込んだ(笑)
この試みは成功だった。
現存する我が家のDCアロー電源をすべて改修しようと思っている。

konoyroD



k2s



PS
symphonic-mpdで音楽を聴くとトタン屋根に見えていたのが実は瓦屋根だった事に気がつく
音と音の重なりを自然に感じさせてくれる素晴らしい。だからシンフォニックなんだなきっと

PS2
何が上手くいっているのか?不明だけど
最近のリスニングルームは素晴らしい音が響いて...
死亡フラグでも立っているのかと少し怖くなる。

— posted by くま at 10:19 am  

2月〜3月...

色々とがっかりな事が続いた...
残念ながら...無理だなぁ

やはり熊は巣穴から出て人里へ降りてはいけない生き物なのであった。
また引きこもり熊に戻ろうと決心する...

— posted by くま at 10:49 pm  

変なおじさんなのか?技術者なのか?

設計開発や品質保証とか経験すると
一応他人の意見を受け入れた様に聞いていても
結局は自分でテストして直に見たものしか信じない。

この習性というか悪い性格は
優れた技術者はみんなそうではないかと思う(笑)
加えて優れた技術者ほど説明能力が無い様で
部下(弟子)になって質問しても一回で理解できる答えが得られない。
そんな中でまずは真似して真似して仕事をこなして
その中から理解できなかった答えを探す。
一朝一夕に技術なんて身につかない。

アイデアが最高でもそれを形にして
何時も同じ動作をして且つ危険もないモノを作るのは
容易い事ではない。

物事に対しての愚直で正確な向き合いが出来なければ
それは出来ない。
残念ながら...結果がすべてである。
口だけ達者で成果が出せないとそのうちに相手にされなくなる(笑)
出来ない技術者は第三者的に見れば
ただのオカシイおじさんでしか無い(笑)

— posted by くま at 12:10 am  

Archlinux rt-kernel とDLNAサーバーを介した再生

本日は夜勤明けで自宅に帰るなり熱いシャワーを浴びて
苦いコーヒーに甘いお菓子を食べてすぐに寝た(笑)
起きたら15時過ぎで即席袋ラーメンを食べていたらmoct氏より電話で
食べ終わったらかけると言って一旦切った。

折返しで
まぁ何時ものように今取り組んでいる内容について話した。
その内容の中で最近Archlinux rt-kernelでの音楽再生が
上手く行かないバージョンがあるという話になり
ああ自分だけではなかったと安心したり(笑)

まったくArchlinuxは突然に仕様を変えて来るので
バックアップが欠かせない。
自分は現状、ひとつ古いバージョンのrt-kernelを使用して
音楽が聴ける様になった。
うまく再生出来ない原因がまさかkernelだとは分からず
再起動を繰り返したり大分ハードに負担をかけてしまった...反省
追記:
何種類か部品追加したクマ電源基板で
良い音を出す個体のどの部品が音質に効いているのか?
やっと突き止める事が出来た。
同じ仕様で2枚改造して今、試聴しているが間違い無い様に思う。
デカップリング回路定数の変更だけで極端に音質変化が起こるのは実際にやって見て
目の当たりにしなければ信じて貰えない様に思う。
今日の作業は終了!
芋焼酎を飲みながらのビル・エバンスはしみるなぁ...

— posted by くま at 10:17 pm  

更なる音質向上ネタ...

面倒な事は大嫌いなのに中途半端なモノは作りたくない。
ホント自己崩壊している(笑)
電源ネタでやりたいことが沢山あるのだが
安易に手を入れると破壊するパターンが多いので
気合が入らないとスタート出来ない...愚図だなぁ

— posted by くま at 12:29 pm  

i2s出力仕様への改造...

i2s出力仕様への改造の資料をupしているのは
この方式が良い音であるという確信があるからなんだが
今のところ自分の知る限り使用しているのは日本中で3人しか存在していない様な気が?(笑)
売れない歌手じゃ無いがまずは聴いて貰いたい!
優劣はコメントしないがsmpdβ11とかlightmpd/upnpgw等の
スタンダード設定の出音と比較しても遜色の無いレベルだと個人的には思う。
こんなコロナ禍の状況で無ければ色々可能だろうにつまんねぇなぁ

まあ思い当たる部分もあるけど(笑)
改造作業のハードルが高いかも?
誰でも出来るとは言わないが
0.5mmピッチの面実装部品をハンダ付け出来て
顕微鏡等、10倍程度に拡大して作業出来る環境があれば
コツはあるのかも知れないが...
個人的には可能だと思う。

自分だとハンダ付け作業は一本3〜10分ぐらいで終わる。(GNDを含め5本必要)
そこまでは良いのだが
安定して使うためにはi2s出力用コネクタを何処かに取り付ける必要がある。
これが非常に面倒臭い。
カードの外形はカードによって違うのでその度に工夫が必要になる。
考えるのが疲れるんだなぁこれが(笑)

追記:01-24
自分環境での改造に必要なツール等
作業用光学顕微鏡
スイス製医療用途ピンセット
Wellerハンダゴテ
千住銀入りハンダ
潤工社テフロン被覆極細配線材等

注意事項:この記事を元に改造を行い故障や発煙発火あるいは動作しない等不具合が発生しても当方は一切の責任は取れません。

— posted by くま at 10:42 am  

<< 2021.4 >>
SMTWTFS
    1 23
4 567 8 9 10
11121314151617
18 19 2021222324
252627282930 
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0440 sec.