/ 雑記帳

symphonic-mpd v0.9.1正式版

手順書も完璧で何のトラブルもなく音出し成功です。
最初の一音でおお! 骨格がビッシっ....という印象です。
設定時のsambaサーバーとの接続もメーッセージが出て安心感があります。
ここまでやって貰って良いのかと感謝ですね。
私のdesktopはArchlinuxなのでsmpd.local では接続出来ずやはり直接IPアドレスを叩く必要がありました。
最近ネット上で発見したスグレモノコマンド echo 192.168.11.{1..254} | xargs -P256 -n1 ping -s1 -c1 -W1 | grep ttl
このコマンドを実行すると自分のLANに接続されているIPがすべて表示出来るのでRaspberryPiのIPもすぐに検討がつきます。

20191021085730



テスト機器構成:
RaspberryPi3
ALKALI RECLOKER
正出力定電圧電源基板(TYPE-E) 5Vx2 RaspberryPi3,ALKALIRECLOKER用
Hyper-β氏設計電源基板 NJM2397+TPS7A4700 x2ch 5V,3.3V DAC用
やなさんI2S差動出力HDMI変換基板送受信
やなさんAK4495EQ DAC基板
サンスイ小型トランス IV用

— posted by くま at 09:12 am  

音楽再生用?ホームサーバー

Archlinuxはメディアサーバーを作るには適したlinux OSだと思う。
ひと通り有名どころの無料の音楽サーバーソフトを試したが
一番種類がインストール出来て且つ動作したのはArchlinuxだった。
だがしかし、
Archlinuxはその特殊性とアップデートでガラリと変わってしまう性格のため
一般的なサーバー用途であるwebやmailサーバー用途には全く向いていない。(笑)
試した中ではやっぱり minimserverがダントツの安定性で安心して使う事ができる。
PCM,DSDnative再生も完璧にこなせる。
下の画像はlogitechmediaserverというソフトをインストールして再生テストをしたものだが
音は非常に良いと個人的には思う。欠点はDSD再生に対応していないのか?上手く行かない。

とんがっていないところとして電源入れっぱなしでWeb,Mailサーバーも兼ねる
ホームサーバーを構築するならubuntuが良いと思う。
ただし音楽再生関連ソフトではArchlinuxほど柔軟性がないため(依存関係)
最新のソフトを入れて試す用途には使えそうにない。

lms



— posted by くま at 02:16 pm  

まあ何と言うか...

良いモノがあってそれが秘密とか言うなら何も言わないで
仲間内だけで楽しめば良い話なんだと思う。
人間はどうしても自己顕示欲があるからついつい自慢したくなるのは
分からんでもないが
その価値を理解して自分もやってみたいと思う人をどうするのか?
その結論もナシに自慢されても不快なだけだと自分は思う。
自分はこっち側の人間なんでまあ〜しょうが無いかな(笑)

旨いモノは少人数、仕事は大人数だから!

— posted by くま at 05:15 pm  

新サーバーの構築

Linux OSのバージョンアップに伴い新サーバーのインストールに取り組んでもう半月...
結局、現状からのアップデートによるソフトランディングは叶わず((泣))
イチからインストールして現状のサーバーと同等の機能をインストール、設定するという重労働に!
うちは音楽関連だけではなく色々やらせているのでホントにシンドイ。
二個のHDを使いながら上手くいったらクローンコピーを互いに行って慎重?に作業を進めた。
毎回 Apache2とphp5.6 が面倒でしょうがない。もうCentOSには戻れない身体になってしまっている(笑)

誰か良いブログソフトを公開してくれないだろうか。

— posted by くま at 10:31 am  

lightMPDapu2-v1.2.0b3.zip 今後の展開は...

デジファイのおとさんのlightMPDapu2-v1.2.0b3.zipが出ていたのでアップでデートしてみた。
毎回の事であるが何故か一発で音が出ないのである(笑)
今回は前回と同じ失敗で起動ディスクが/dev/sda1(usbの場合)になっていたので
そこを修正して無事の音出し成功!!

1.音がソリッド方向へ変化している様に感じる。
2.気のせい??発熱が少なくなってないかなぁ(笑)

PS
symphonic-mpdみたいに起動完了時の音が鳴ると使いやすいので...と
かなり昔掲示板でお願いしたのだけれど忘れてるんだろうなぁ...

LIVA Z,LIVA Z,LattePanda用のlightMPD用のlightMPDリリースが予想よりも早すぎで資金が無い。
現在、自宅内サーバーOSの切り替え準備真っ最中で労力も資金もそちらに集中している。
LattePandaにこだわらずにLANカード追加で一般的PCにインストールできれば無敵なんだけどなぁ
Realtek 8169PCIやIntel 82575/82576のLANカード購入してみようかな(笑)
intel信仰者なんだけど このチップはどうもサーバーに2NICを付けるためのチップみたいで
サーバー用の高価なマザーにしか搭載されていない様で選択肢が狭い。

— posted by くま at 08:54 am  

 

Ubuntu18.04 をいじっていて

ブートローダからメッセージ表示までの流れ?が気に入らなくて...パラメーターを調整...
GRUB_DEFAULT=0
#GRUB_TIMEOUT_STYLE=hidden
GRUB_TIMEOUT_STYLE=menu
GRUB_TIMEOUT=10
GRUB_DISTRIBUTOR=`lsb_release -i -s 2> /dev/null || echo Debian`
#GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"
GRUB_CMDLINE_LINUX="text"

— posted by くま at 08:13 am  

今からサーバーメンテに入るので...

突然 切れたり します。m(_ _)m

— posted by くま at 09:28 pm  

二段電源は音が良いかも...(独り言)

某掲示板で話題になっている?スイッチングレギュレター電源をDC-ARROWに接続する件は
まあ色々と細かい事が何か引っかかるけど絡むつもりもない無い(笑)
やってみました高価な部品を使いました。苦労しました。音が変わりました。
達成感でいい音に聞こえる??
なんて事を言われない様に分かっている人は何も書かないか、理屈と波形は載せている(笑)
これって詰まる所、二段電源構成が音に効くって事だと勝手に解釈している。
基本的発想はむちゃくちゃ電流供給能力のある電源を前段にして
後段にはある程度波形を綺麗にするレギュレーター回路(三端子とかでも良い)を付けるとレギュレーションが良くなり
二段目のレギュレーター回路の動作も楽になって良い音に繋がるという事だと理解している。

お金が無かったら三端子レギュレータを単純に二段重ねただけでも効果絶大だからやってみる価値はあると思う。
(なるべく古い型で電圧損失が大きいタイプのものが良い。)
熱の問題が無ければ一段目と二段目の落差は大きい方が効果が大きい様に思う。

自前のDACの電源回路のブロック図がこれ!参考になるかなぁ(笑)

POWER



— posted by くま at 08:28 pm  

<< 2019.10 >>
SMTWTFS
  1234 5
67 89101112
131415161718 19
2021 2223242526
2728293031  
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0320 sec.