/ 雑記帳

[ カテゴリー » Linux日 記 ]

音源サーバー兼普段遣いPCが壊れた...

起動はするがすぐにキーボード、マウスのコントロールが効かなくなる。
だいぶ前からUSB関連が調子悪かったのだが一気に来た...
さてどうするか??

— posted by くま at 08:53 pm  

ずぅーーーーーと放ったらかしていたサイトに手を入れたり今年の反省と来年に向けて

ずぅーーーーーと放ったらかしていたサイトに手を入れて
https対応にしたつもりです(笑)まだ記事項目の整理は終わっていませんが...
証明書も出るはず(汗)
Googleの広告がhttpの方しか表示されない状態だったが
現状httpsの方も表示されてると思う?
これで少しは電気代が稼げるのか(笑)

apach2でかなり前からshtmlファイルのインクルードが効かなくなっていて
Googleの広告を入れるのに直接コードを表示数分書かなければいけない状態だったが
今回検索したら解決方法(apach2の設定)が見つかって解決出来たのは大きい。

rt-kernelのBuildも昔にみみず工房の記事を見て真似をしても中々上手く行かなかったが
今回は割とすんなり?出来たように思う。やはり継続は力なりなのかと...
いや失敗は成功も元なのか
思い込みは良くない。
歳を取ると昔の成功体験にすがってすべて知っていると勘違いしてしまって
新しい素晴らしい事を見逃してしまう事も多い様に思う。
新しい事にもよくよく耳を傾けて守りに入らない様にするのが大切なのかなとか思う。

clonezillaがローカルで使える事が分かったのは今後に向けて非常に良い事だと思う。
DDコマンドよりも断然早いのがとてもとても嬉しい。
もうOSインストール済のストレージのバックアップにはDDコマンドは使わないと思う。

来年は...
自分が住んでいる地域でPC-AUDIOに取り組んでいる方々を
もっと探して交流を深め新しい知識を吸収出来たら良いなぁ
あぁそうそう そろそろ冬眠しないと...

— posted by くま at 09:49 pm  

スクリプト

母艦がLinuxじゃないと使えないと思うけど....
RaspberryPiがネットワーク上に出現したら
-----------------------の間のコマンドを実行するスクリプトです。
自分は自動ログインしてターミナルが開くスクリプトを実行しています。
発見するまでループを継続します。
色々とイジるため必要になり書いてみました。
普通であればログインではなくプレーヤーソフトを起動するのが良いと思います。

#! /bin/bash

ipn=`ip a | grep UP | grep enp | awk -F": " '{print $2}'`
dev=`sudo arp-scan -I $ipn 192.168.1.0/24 | grep Raspberry`
sen=`sudo arp-scan -I $ipn 192.168.1.0/24 | grep Raspberry | awk '{print $3}'`

echo "$sen"
echo "$dev"

until [[ $sen == "Raspberry" ]]
sen=`sudo arp-scan -I $ipn 192.168.1.0/24 | grep Raspberry | awk '{print $3}'`
echo "-----------------------"
/usr/local/bin/Raspberry-login.sh
echo "-----------------------"
do
read sen
done

— posted by くま at 10:41 am  

ArchlinuxをRaspberryPi4へインストール(4) まとめ?

1.Archlinux最初の段階でこのパッケージを参考ページの方法でインストールする。
wget http://jp.mirror.archlinuxarm.org/os/ArchLinuxARM-rpi-aarch64-latest.tar.gz
Archlinuxなのでそのまますんなりは起動しない。もちろんsshで接続出来ない。
HDMI端子を接続して起動画面に表示されるエラーメッセージから何処に問題があるか?判断する。
自分の場合はエラーメッセージからSDカードのパーテーション名が見つからないと訴えていた様だったので
fdisk -l コマンドで調べた。
※fstabの記述が実際のパーテーションと合致していないので修正する必要有り。
そのままでは起動するだけで有り難い。Audioなんてまったく無理な状態である。

2.すべての不具合の原因はkernelだと思われたので入れ替えをする事にした。
ちょうどrt-kernelをイジっていたのでそれを組み込んで見る事にした。
そのためArchlinuxが動作しているデスクトップPC上にクロスコンパイル環境を構築する。
以前に上げたページが参考になるがこれはDebian環境のものなのでArchlinux環境に置き換えて作業する。
ビルドユーティリティの互換性は無い。

3.以前に上げたソースとパッチの組み合わせでrt-kernelを構築する。この際に使うconfigは
1.でインストールしたArchlinuxから引っこ抜いたモノをベースとして作成する。

4.コンパイルが終了したらRaspberryPi4本体へコピーとモジュールインストールを行う。
たぶんこの作業後の起動時に再度fstabを修正する必要がある。
無事に起動したらpacmanで更新を行いめでたく完成となる。

※細かい作業内容のアップの希望があったが...あぁでも無いこうでも無いと色々やって(笑)
 正確な記述は難しいのでご勘弁...
 一度でも完成すればclonezillaでimgを作って後は短時間でクローンSDカードが作れるので
 面倒な再度の検証しないからまともに書けないというのが理由だったりする。 

余談 こんなに苦労しても Archlinux に拘るのは自分が Archlinux 信者だからである。
   理屈も根拠も全く無いが Archlinux は音が良いと多くの人々に信じられているのである(笑)

— posted by くま at 07:43 pm  

 

ArchlinuxをRaspberryPi4へインストール(3) 設定編

固定アドレスにする。
[root@alarm network]# cat eth0.network
[Match]
Name=eth0

[Network]
DHCP=No
DNSSEC=no
Address=192.168.1.23
Gateway=192.168.11.1
DNS=8.8.8.8
DNS=8.8.4.4

ドライバーがロードされる様に
[root@alarm boot]# cat config.txt
enable_uart=1

gpu_mem=32
initramfs initramfs-linux.img followkernel
max_usb_current=1
disable_splash=1
disable_overscan=1
dtparam=krnbt=on
#dtparam=audio=on
dtparam=i2s=on
dtoverlay=allo-digione
#dtoverlay=rpi-dac

なんでこんな設定が...
[root@alarm etc]# cat fstab
# Static information about the filesystems.
# See fstab(5) for details.

#
/dev/mmcblk0p1 /boot vfat defaults 0 0
/dev/mmcblk0p2 / ext4 defaults 0 0

snd関連モジュール
[root@alarm etc]# lsmod | grep snd
snd_soc_wm8804_i2c 16384 1
snd_soc_rpi_wm8804_soundcard 16384 1
snd_soc_bcm2835_i2s 16384 2
snd_soc_wm8804 20480 1 snd_soc_wm8804_i2c
snd_soc_core 253952 3 snd_soc_rpi_wm8804_soundcard,snd_soc_bcm2835_i2s,snd_soc_wm8804
snd_compress 20480 1 snd_soc_core
regmap_i2c 16384 1 snd_soc_wm8804_i2c
snd_pcm_dmaengine 20480 1 snd_soc_core
snd_pcm 135168 6 snd_soc_bcm2835_i2s,snd_soc_wm8804,snd_compress,snd_soc_core,snd_pcm_dmaengine
snd_timer 36864 1 snd_pcm
snd 98304 5 snd_timer,snd_compress,snd_soc_core,snd_pcm

— posted by くま at 12:39 pm  

ArchlinuxをRaspberryPi4へインストール(2)

元カーネルはモジュールが使用出来ない状態なのか?
Audio用に使えない様だったので思い切ってrt-kernelに置き換えをした。
トラブルの内容はここに書かれている内容そのものだった。
https://archlinuxarm.org/forum/viewtopic.php?f=65&t=15090
一番不可解であった部分...
overlaysディレクトリーはrt-kernelをビルドしたときにソースツリー内に出来たので
それを所定の位置に丸ごとコピーしてconfig.txtに追記する事でロード出来た。

それで結果としては
[root@alarm ~]# uname -a
Linux alarm 5.16.0-rc3-rt7-v8 #2 SMP PREEMPT_RT Thu Dec 16 11:20:10 JST 2021 aarch64 GNU/Linux

[root@alarm ~]# al
**** List of PLAYBACK Hardware Devices ****
card 0: b1 [bcm2835 HDMI 1], device 0: bcm2835 HDMI 1 [bcm2835 HDMI 1]
Subdevices: 4/4
Subdevice #0: subdevice #0
Subdevice #1: subdevice #1
Subdevice #2: subdevice #2
Subdevice #3: subdevice #3
card 1: Headphones [bcm2835 Headphones], device 0: bcm2835 Headphones [bcm2835 Headphones]
Subdevices: 4/4
Subdevice #0: subdevice #0
Subdevice #1: subdevice #1
Subdevice #2: subdevice #2
Subdevice #3: subdevice #3
card 2: sndrpirpidac [snd_rpi_rpi_dac], device 0: RPi-DAC HiFi pcm1794a-codec-0 [RPi-DAC HiFi pcm1794a-codec-0]
Subdevices: 0/1
Subdevice #0: subdevice #0

Archlinux 64bit rt-kernel とりあえず起動!
まずは音出し成功!! 時間がかかりました^^;
ああこれから仕事です。残念...もっと聴きたい。
DebianベースOSと比較して明確に音が違います。
嬉しくなって来ました(笑)

追記:今回の成功の鍵は...aarch64-linux-gnu-binutils-2.37-1-x86_64.pkg.tar.zst
   これですね。
最初にrt-kernelを作った時に使ったツール(Debian系)とArchlinuxのkernelを作るツールは互換性が無いという...

— posted by くま at 02:07 pm  

ArchlinuxをRaspberryPi4へインストール(1)

ここを参考にArchlinuxをインストールして見ました。 Raspberry Pi 4
今、upmpdcliの依存関係と戦っています(笑)
あちゃ...ドライバーが無い。overlayディレクトリ-が無い??
[root@alarm ~]# al
**** List of PLAYBACK Hardware Devices ****
card 0: ALSA [bcm2835 ALSA], device 0: bcm2835 ALSA [bcm2835 ALSA]
Subdevices: 7/7
Subdevice #0: subdevice #0
Subdevice #1: subdevice #1
Subdevice #2: subdevice #2
Subdevice #3: subdevice #3
Subdevice #4: subdevice #4
Subdevice #5: subdevice #5
Subdevice #6: subdevice #6
card 0: ALSA [bcm2835 ALSA], device 1: bcm2835 IEC958/HDMI [bcm2835 IEC958/HDMI]
Subdevices: 1/1
Subdevice #0: subdevice #0
card 1: vc4hdmi0 [vc4-hdmi-0], device 0: MAI PCM i2s-hifi-0 [MAI PCM i2s-hifi-0]
Subdevices: 1/1
Subdevice #0: subdevice #0
card 2: vc4hdmi1 [vc4-hdmi-1], device 0: MAI PCM i2s-hifi-0 [MAI PCM i2s-hifi-0]
Subdevices: 1/1
Subdevice #0: subdevice #0

— posted by くま at 11:22 am  

clonezilla 万歳!

自分は新しいソフトのテストや新規OSインストール時は
作業の節目で必ずクローンのHDを作ってそこまで戻れる様にしている。
その時までの貴重な作業が無駄にならないために!
その様な用途で使用するクローンコピーソフトが clonezilla だ。
現在まで有料のソフトも含めてこの手のソフトを使って来たが
成功率はこのソフトがTOPだ。
成功率と書いたのは何らの条件下では失敗する事もあるから...
この事はこの手のソフトを使った経験ある方なら理解して貰えるはず...
で! 今回このclonezillaがOSのデスクトップ上で使える様になった!!
とても嬉しい。以前はUSBメモリーに書き込んでそこから起動して使うモノであった。
Archlinuxでのインストールは極めて簡単で pacman -S clonezilla これでOKである。
(ubuntuならapt-get install...)

早速テストを兼ねてRaspberryPi rt-kernelをインストールしたSDカードを
イーメージ化して他のSDカードにレストアしてみた。
問題なくクローンSDカードが出来上がっていた...感動である。
しかも常用していたddコマンドより圧倒的に早い。

2021-12-0600-37-05



参考URL  clonezilla 万歳!

— posted by くま at 11:16 am  

<< 2022.1 >>
SMTWTFS
      1
2 345678
9101112 131415
16171819 202122
2324252627 2829
3031     
 














T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0229 sec.