/ Archlinux DSD native 再生が通常のインストールで可能になった。

`Music Player Daemon 0.20.2 (v0.20.1-32-gc5cf66402)
`
`$ uname -a
`Linux arch 4.8.13-1-ARCH #1 SMP PREEMPT Fri Dec 9 07:24:34 CET 2016 x86_64 GNU/Linux
`この組み合わせで確認できた。
`DSD512再生時のalsaステイタス
`--------------------------------------
`カード 0: DIYINHK
`access: RW_INTERLEAVED
`format: DSD_U32_BE
`subformat: STD
`channels: 2
`rate: 352800 (352800/1)
`period_size: 32768
`buffer_size: 131072
`--------------------------------------
| Main | Archlinux NVIDIA-driver対策 プロプライエタリドライバーからの変更 »

Archlinux DSD native 再生が通常のインストールで可能になった。

$ uname -a
Linux arch 4.8.13-1-ARCH #1 SMP PREEMPT Fri Dec 9 07:24:34 CET 2016 x86_64 GNU/Linux
      
$ /usr/bin/mpd -V
Music Player Daemon 0.20.2
      
これで何が言いたいのかと言えば
Archlinuxを普通にインストールして
この状態ならばパッチも当てずコンパイルの必要もなく
(カーネルで指定されたDDC,DACの必要はあるが)
DSD native 再生が通常のインストールで可能になったと言う事です。
もちろん/etc/mpd.confはDSDnativeに関する指定は何も指定しなくて
問題なしです。世の中進んでます!

— posted by くま at 08:42 am   commentComment [0] 

この記事に対する TrackBack URL:


コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

<< 2017.1 >>
SMTWTFS
12345 6 7
8 9101112 1314
151617 181920 21
22 23242526 27 28
293031     
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0288 sec.