/ Archlinux NVIDIA-driver対策 プロプライエタリドライバーからの変更

Archlinux NVIDIA-driver対策 プロプライエタリドライバーからの変更

カスタムカーネルをインストールするとnvidia-dkmsがうまく動作しない為
プロプライエタリドライバーが組み込まれず真っ暗画面の事がある。
そんなときに通常ドライバーに戻す方法
      
cd /exc/X11
ls -l
合計 8
drwxr-xr-x 3 root root 4096 Jul 11 2016 xinit
drwxr-xr-x 2 root root 4096 Jul 18 2015 xorg.conf.d
      
これだけ残してxorg.confとかは退避させる。
必要なパッケージは
libvdpau
nvidia-libgl
nvidia-utils
これだけなのでnvidia-dkms等は削除する。

— posted by くま at 12:37 pm   commentComment [0] 

この記事に対する TrackBack URL:


コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

<< 2017.1 >>
SMTWTFS
12345 6 7
8 9101112 1314
151617 181920 21
22 23242526 27 28
293031     
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0196 sec.