/ AK4137 P2D基板 + Si5317&外部クロック用アドオン基板2AType

`これで電源作成に取りかかれるぞと
`25VAまで搭載出来るこの手の基板って販売されてないんだよな−
`赤のレジストってAK4495基板に合わせているのか(笑)
`204.5:300:239:0:0:trans:left:1:1:: »

AK4137 P2D基板 + Si5317&外部クロック用アドオン基板2AType

トラブルは色々有ったが(^_^;)動作するまで漕ぎ着けた。
苦労した分は報われるか?
十分報われると思う。音の純度というか濃さと静けさが変わります。
ただ、「AK4137 P2D基板+Si5317&外部クロック用アドオン基板2AType」は
結構色々知識と手先の器用さが要求されるように思います。
無茶苦茶音が良いだけにこれを多くの方々に体験して欲しいとは思うのですが
残念ながら初めて面実装部品のハンダ付けをする様な方にはお勧めできません。
新規参戦者はトラブルが起きた時に原因を特定するためにI2S入力のDACシステムを
一系統用意していくと良いと思います。
そうすれば音が出ているシステムに作成した基板を組み込んで不具合の箇所を特定できるからです。
そこまでやってもこの音が出るなら納得出来るはずです。

DCIM0530



— posted by くま at 01:21 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [2件]

Up1. しげる — 2016/03/08@12:46:17

くまさん、初めてコメントします。
やなさんの掲示板から飛んで、いろいろと記事を読まさせていただきました。
私も今、貴殿と同様のシステムを構築すべく、やなさん基板を購入し、部品調達、情報調達を開始したところでしたので、貴殿のblog記事は非常にタイムリーでした。
すばらしいtipsの数々です。
いろいろと教えていただければ幸甚です。

2. くま管理人 — 2016/03/09@19:30:02

しげるさんコメントありがとうございます。
やなさんの基板は玄人向け(^_^;)な部分があり
新規参戦者がとまどう部分が結構あるのですが
それを乗り越えての音出しはもちろんですが
普段に使えるAudio機器になるところまで
工夫をしていきたいと考えています。

この記事に対する TrackBack URL:


コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

<< 2016.2 >>
SMTWTFS
 123 456
7 89 10111213
14 15 161718 1920
21 22232425 2627
2829      
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0498 sec.