/ 雑記帳

[ Tags :: raspberrypi ]

Linux rAudio 5.16.0-rc3-rt7-v8 #1 SMP PREEMPT_RT Wed Dec 8 13:04:50 JST 2021 aarch64 GNU/Linux

moct氏から教えてもらった新しいプレーヤーソフト
開発している方々は元々volimio開発のメンバーから袂を分けた方々らしいです。
(GUIがそっくり??)
download先 rAudio-1
さっそく rAudio-1-64bit-20121203.img.xz を使ってみると中々音が良いので
ちょっと悪戯してrt-kernelをインストールをしてみました。
最近いじっているDebian系のkernelと作業内容は同じでした。
で!このプレーヤーソフトをイジって見ようと思った理由は
ズバリ!開発ベースが Archlinux だからです。
プラシーボダラダラ状態ですが素晴らしい音がすると思います。

rAudio-11


rAudio-rt



追記 HDMI出力ではタッチパネルで操作出来る様になっているがそのままでは日本語が表示出来ない。
   表示はchromiumを改造して行っている様なので/usr/share/applications/chrome.desktopの
   Exec 行に env LANG=ja_JP.UTF-8 を追加する。
   こんな感じ Exec=env LANG=ja_JP.UTF-8 /usr/bin/chromium %U
   localeをイジるとぶっ壊れます。

— posted by くま at 09:50 am  

64bit rt-kernel への道(2)

パッチのdownload先
https://mirrors.edge.kernel.org/pub/linux/kernel/projects/rt/
カーネルソースのdownload先
https://github.com/raspberrypi/linux

一番参考になったサイトは
64bit 版 Raspberry Pi OS のカーネルモジュールのビルド環境設定
1.gcc のビルドという部分は実はクロスコンパイル環境の構築するための作業になっている。
なのでこれをintel-CPUのPC上で行えばクロスコンパイル環境が出来る。
ただしrpi-sourceは使用しなかった。
このソース取得部分はたかじん氏のサイトの方法を真似させていただきましたm(_ _)m
このサイトの説明で大変に重要な事は最後の2行です(笑)
$ KERNEL=kernel8 make ARCH=arm64 CROSS_COMPILE=/opt/aarch64/bin/aarch64-linux-gnu-
※ ビルドコマンドが make の場合
とにかく例外なくこの呪文を使えと
たとえばKERNEL=kernel8 make menuconfig ARCH=arm64 CROSS_COMPILE=/opt/aarch64/bin/aarch64-linux-gnu-

使用したソース等
2021-05-07-raspios-buster-arm64-lite.img
linux-9299025206cb3f9b1146aa2c3c1de5df8fc92e9c
(linux-rpi-5.16.y.zip)
patch-5.16-rc3-rt7.patch.xz
binutils-2.37.tar.xz
gcc-8.4.0.tar.xz

ここまで来ればもう根性しかない(笑)という事で
パッチを当てたソースをコンパイルじゅうたん爆撃をした結果として

root@raspberrypi:~# uname -a
Linux raspberrypi 5.16.0-rc3-rt7-v8 #1 SMP PREEMPT Sat Dec 4 19:35:24 JST 2021 aarch64 GNU/Linux

「rt7」です。憧れ?のリアルタイムカーネルです。

root@raspberrypi:~# aplay -l
**** List of PLAYBACK Hardware Devices ****
card 0: sndallodigione [snd_allo_digione], device 0: Allo DigiOne HiFi wm8804-spdif-0 [Allo DigiOne HiFi wm8804-spdif-0]
Subdevices: 1/1
Subdevice #0: subdevice #0

問題なくサウンドカードを認識しています。

音出し成功です。
肝心の音は疲れすぎで後日コメントします(笑)
とりあえずddコマンドでバックアップを取り
それを書き戻して動作が確認できたので一安心です。
ところが...
追記12/05 えふさんのコメントからプリエンプションのミスが発覚しました!
本来Fully Preemptible Kernel (Real-Time)を選択すべき部分でした。

RT


再度configしてコンパイルをやり直してSDカードに反映しました。
コンパイル終了後に残っている.configをエディターで開いて再度確認しました。

CONFIG_HAVE_PREEMPT_LAZY=y
CONFIG_PREEMPT_LAZY=y
# CONFIG_PREEMPT_NONE is not set
# CONFIG_PREEMPT_VOLUNTARY is not set
# CONFIG_PREEMPT is not set
CONFIG_PREEMPT_RT=y
CONFIG_PREEMPT_COUNT=y
CONFIG_PREEMPTION=y

大丈夫な様です^^;

— posted by くま at 03:57 pm   commentComment [8] 

lightMPDraspi-armv8-64-v1.2.0b1 (1)

今回リリースされたlightMPDraspi-armv8-64-v1.2.0b1は
たぶんdsd2pcmが目玉なのかも知れないが
自分は違うところに注目している。
通常のpcm再生時の力強さ、音の分解能が素晴しいので何とか常用としたい。
常用とするためには自分の所有するライブラリーはすべて再生できて欲しいので
掲示板で色々と注文をつけてしまう。
(忙しそうなのにdigififanさんごめんなさいm(_ _)m)

不具合原因切り分けのためリクロック基板を挟まないアダプターを作成?
実験用にラズパイから
I2S信号の引き出し、
電源をIOピンから供給、
I2S-HDMI基板への電源供給レギュレーター付き

※I2Sを引き出すのが目的ではなくて引き出して新MCLK信号に基づいて
 I2S信号を再生成(リクロック)してやればAK4497EQ等の一般的なDACチップを搭載した基板でも
 接続して音を出す事が可能になる。ここがポイント!
 ラズパイ単体ではMCLK信号を出力出来ないので

参考URL:http://kkuma.mydns.jp/ppBlog/index.php?UID=1559344799

20190909104137



— posted by くま at 10:30 am  

結局Kali Reclockerのドライバーは...

Kali ReclockerのメーカーのHPのサポートページには
Configuring Allo Audio Cards for Raspberry Pi と言う資料が置いてあって
各DACについてどの様なドライバー設定をすれば良いか?書いてあるが
ハッキリ言って自社製のDACとの組み合わせの事しか書いていない(笑)
https://www.allo.com/sparky/kali-reclocker.html#downloads
参考リンク:http://mpd.sytes.net/ja/support/i2s
というワケで
熊の巣実験環境で使用しているAK4493EQでは何を使えば良いのか?
総当りで試してみたが...

# I2S DAC
dtoverlay=rpi-dac
#dtoverlay=hifiberry-dac
#dtoverlay=allo-boss-dac-pcm512x-audio
#dtoverlay=allo-digione
#dtoverlay=allo-piano-dac-plus-pcm512x-audio
#dtoverlay=allo-piano-dac-pcm512x-audio
結論:dtoverlay=rpi-dac

適合していないドライバーを使うと音が出ないか
音は出るのだが基板上のサンプリング周波数表示LEDがソースと違う表示になる。

— posted by くま at 12:28 pm  

symphonic-mpd 導入顛末記(7) 上出来だわ...

例のMCLK横取りDACの引き出し線加工後にやなさんAK4495 DAC基板+LL1540で音出しテスト成功
自分のヤツだと適当に作ってトラブルになるが(笑)さすがに依頼品となれば慎重に作業を進めて一発OK...さすがオレ(嘘)
symphonic-mpdの鳴りっぷりが良いのか?この基板の鳴りっぷりが良いのか、素晴しい音だと個人的に思います。

2019-06-13-190350



20190613200944



20190613200958



お気楽kit藤原氏 やなさんI2S入力ピン配置

IN3



— posted by くま at 07:17 pm  

symphonic-mpd 導入顛末記(6)信号の横取り

MCLK信号の横取りは果たして「1」or「2」
どっちなんだろう?
カタログによればPCM5122の20PINはimput属性で
(2)Failsafe LVCMOS Schmitt trigger input.と書いてある。
つまり20PINには基板上で生成されたある信号がインプットされるんだろうと想像できる。

自分はMCLKの流れはPCM5122の20ピンから出力されるとが勘違いしていた様に思う。
赤丸の部分の5本足の半導体の前にはクリスタルが2個見えている。
この部品は基準となる、ある信号を生成するために使われるのでは(笑)

intercept


SCL



— posted by くま at 03:23 pm  

symphonic-mpd 導入顛末記(5)Kali Reclocker導入...

予想はしていたが音が出る。
MCLKに基づいた各信号の打ち直しは出来ている様だ。
まああれ程事前調査したんだから(笑)
smpd upnpgw 仕様だったりする('~`;)
やなさんAK4495 DAC基板で試しています。これならマスターモードなんてあり得ないから(笑)
山水のトランスは実はパーマロイコア製で何時もいい仕事してくれます。
音質は個人的感想として分解能が高く音の重なり部分を聴くのが楽しくなります。
現状、音が出ただけで何の吟味もしていないので最初にリクロック基板の電源をLDOで供給しようと考えています。
二台のラズパイにも良い電気を食わせてやりたいと思います(笑)
今まではそれなりの音しか出ていなかったので
こんな考えは微塵もなかったが今回の取り組みでやってみたいと思う様になりました。
それだけKali Reclocker(リクロック基板)+symphonic-mpdの組み合わせは可能性を感じさせるます。
symphonic-mpdのお陰なのかも知れない(笑)

Reclocker



KaliReclocker



— posted by くま at 12:45 pm  

<< 2022.1 >>
SMTWTFS
      1
2 345678
9101112 131415
16171819 202122
2324252627 2829
3031     
 














T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0160 sec.