/ 雑記帳

`.configを調整してここまで来たが腕がないので先が長い。
``---------------------省略---------------------
`Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#1)
``real 8m44.880s
`user 28m28.367s
`sys 4m18.417s
»

Archlinux リアルタイムカーネルを試す...

前回紹介したPinkFaunカードを装着したPCは
ハードディスクでのデュアルブートにしてある事は説明したが
UbuntuStudioのローレイテンシーカーネルで鳴らした時の音が素晴らしく
ノーマルArchlinuxカーネルで鳴らした時に比較すると勝負にならなかった。
それではっ Archlinux リアルタイムカーネルをインストールして試す!
(簡単そうに言ってるけど腕が無いので時間がかかった^^;)

$ uname -a
Linux archlinux 5.4.61-rt37-1-rt-lts #1 SMP PREEMPT_RT Mon, 07 Sep 2020 23:53:02 +0000 x86_64 GNU/Linux

肝心の音はいかに? おおぉ!!です(笑)
lightmpd/upnpgw で鳴らしたら何処かにぶっ飛びそうな予感がします(笑)
冗談はともかく今回のビルドは何も加えない引かないconfigで行ったので
次はガッつり絞ってビルドして最低限必要なモジュールの正体に迫りたいと思います。
なんで本丸のlightmpdでやらないのか?
それはI2S入力DACが2台しかなく音出しデバック作業時の関係機材の移動が
自分の部屋では非常に大変だからなんですよね(笑)

— posted by くま at 12:26 pm  

この記事に対するコメントはありません

<< 2020.9 >>
SMTWTFS
  1234 5
6 78 9 101112
13141516 171819
20 2122 23 2425 26
27282930   
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0235 sec.