/ 雑記帳

[ カテゴリー » Audio DAC 関連 ]

DAC4499 kitの組み立て(3)

煮詰まってきましたが...部品到着待ちに 残念!

20200120091732



— posted by くま at 09:23 am  

IV基板で使うオペアンプは何が良いか?

ツイッターで秀太郎(@syuutaro_m)さんに教えていただいたのでメモがわりにここへ
前段に
MUSES8920
後段に
LT1364
を使ってます
J-FETのオペアンプをIVに使うのが、良い結果になりやすいようです

秋月にある2回路オペアンプだと、
MUSES8920
MUSES8820
LME49860
OPA2277
あたりでしょうかねぇ?
まずは、MUSESの音を基本にするのが良いかと思います

— posted by くま at 05:32 pm  

DAC4499 kitの組み立て(2)

20200118153941



— posted by くま at 03:44 pm  

DAC4499 kitの組み立て(1)

さっきAK4499EQを一個ハンダ付けしましたがテンションを維持するのがキツイです(笑)
顕微鏡が無いと作れないと個人的には思います。
ハンダ付けが終わった後に目視検査するとリード間、しかも奥の方でショートしていたりします。
細いコテ先は必須、銀入りハンダ(流れが良いもの)が必要だと思いました。
1/17今朝二個目をハンダ付け...厳しィ---

ak4499



— posted by くま at 01:16 am  

この抵抗を使ってみたかったんだなぁ(笑)

Audioシステムは何処の部品を変えても出てくる音は変わる。
でもタンノイの音がJBLの音に成るなんて事は絶対に無いから
変わった=良くなったとは限らない。
達成感に酔ってプラシーボ効果なんて日常茶飯事(笑)
個人的にこの抵抗の音の傾向は気にったので今後IV回路で使ってみたいと...
before

brfore


after

after


音出し...

NONALNUM-74657375E9A2A8E699AF



— posted by くま at 10:40 pm  

一体型...

ジャイアン氏ブログ記事のフロントレギュレーター+アロー電源基板改を参考に
一枚の基板に組み込んで見ました。
発熱が減って出力電圧ドリフトが少なくなって精神衛生上の性能は間違いなく向上(笑)
出力電圧はAPU1C2用なので12V(700mA)です。
ドライバートランジスタを2SC2120Y → 2SC2240
メインを2SD1475A → TTD1415B へ変更しました(部品在庫が無かったので)
音のアクが無くなった様に思えて何か足りない感じになったのでフィルターとLM350を追加しました。
結果はまた音にプラスアルファが出たのでOKとしました。

a



denngenn1




71



— posted by くま at 09:02 pm  

SMPD v0.9.3 リリース

v0.9.3 がリリースされていたので動作を確認。
問題なく音が出ました。

— posted by くま at 10:36 am  

ツームストンなのかモノリスなのか(笑)

アロー電源基板を19.5V入力で12V出力にすると
発熱が5V出力時と比べて2倍程度になると発言した記憶があるが
それなら放熱板を2倍のサイズに拡大すれば良かろうと(アホ)やってみた。
余裕で手で触れる温度まで下がった。まあこれで常用出来るだろう(ホントかなァ!?)

20191221202129



20191221202200



— posted by くま at 12:14 pm  

<< 2020.1 >>
SMTWTFS
   12 34
5 67891011
1213 14151617 18
19 20 2122232425
262728293031 
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0474 sec.