/ 雑記帳

[ カテゴリー » Audio DAC 関連 ]

I2S入力パワーアンプKitを作る(1)

QFPの半田付けはやはり顕微鏡が必須だと思う。

ak4493



— posted by くま at 09:10 pm   commentComment [0] 

Hyper_beta氏の電源をデジタルチャンネルデバイダーに接続

これだからデジタル回路は分からない。一番敏感な部分に組み込んで試聴した。
低音域はやはり少し凹む感じだが中広域の音の張りが凄い。良い音だ。

20181028103544



— posted by くま at 10:58 am  

Autoがオススメなのかぁ DIV5142のINPUT_FREQ固定化(2)

20181020152616


試作プログラムでDIV5142の入力周波数の固定化してもらってご機嫌で試聴していたのだが
ボリュームコントロールをSWに切り替えたとたんにフロントページで固まって
それっきり設定を弄れなくなったので
藤原さんへ報告して修正していただいたPICが到着したので
再度聴きまくっている(笑)

— posted by くま at 05:01 pm  

NJM2397+TPS7A4700 二段構成の電源基板の音質をテスト

RaspberryPi2(rpi2-upnpgw-usb-20180930)
+ XU208 XMOS USB
+やなさんAK4497基板
+山水ST-28トランス
ちょい聴きでは澄んでいるがパワー感が足りない。

20181009094446



— posted by くま at 03:00 pm  

DIV5142のINPUT_FREQ固定化(1)

DIV5142のINPUT周波数を固定化をしていただいたPICをテスト中です。
まだ176.4KHz入力しか試していませんが
気になっていた曲データー切替時の頭切れが綺麗さっぱり無くなりました。
これは素晴しいです。気のせいか元のPICより音が良い気がする
「('~`;)┌非常に嬉しいです!

20180929170530


SYSTEM


参考リンク:http://192.168.11.3/ppBlog/index.php?UID=1514594016

— posted by くま at 04:57 pm  

NJM2397+TPS7A4700 の二段構成の電源基板作成

エロカッコいい基板です!!
ここでKicadプロジェクトとして公開されています。

https://drive.google.com/drive/folders/14V-U_tgpTRhp9DOnDWzfntovNAIEdCy0

ここのガーバーデーターを基板製造屋さんに送れば入手出来ますが
現在試作段階なので修正完了後がオススメです。
PS
ここにあるXMOS基板は次に是非やってみたいと思っています。

POWER1



P1



— posted by くま at 12:27 am   commentComment [4] 

試運転中...

電流計付きのケースを考えないと...面倒だなぁ('~`;)

DDC



— posted by くま at 11:20 pm  

バッテリーによるCombo384の駆動(2)

HDMI-P


尾崎亜美がアンチエイジング(笑)良いです。声が素晴しい。

使用したバッテリーは
日本製 KEEPPOWER 18650
パナソニック製Cell+SEIKO製PCB回路搭載 3400mAh リチウムイオンバッテリー
フル充電電圧測定値:4.17V~実測値
  

— posted by くま at 09:19 am   commentComment [5] 

<< 2019.1 >>
SMTWTFS
  1 2345
678 910 1112
1314 1516171819
20212223242526
2728293031  
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0826 sec.