/ I2S送受信基板の電源

I2S送受信基板の電源

市販品のI2S入出力付きのDACやデジタルプレーヤーでは
手を入れるのが困難だと思うが...
自作品となれば話は別になる。
贅沢な電源基板をやなさんのI2S-HDNI送受信基板に
組み合わせて聴くと分解能の高さに気がつくはずで
改めて電源の重要性を感じる。
現状で市販されているのDAC-ICはI2S入力が大部分なので
プレーヤーから接続される入力信号は手を加えないI2S信号そのものがベストだと思う。
SPDIFとか光とかで入力されても結局最後はI2Sに変換されてDAC-ICへ入力されるのだから
I2S信号でやりとりするのがやはり一番シンプルで劣化が少ないと考えている。

光入力は直接接続していないから最高という意見を目にするが
結局光を出すための光素子をドライブしているのは送り側回路中トランジスタ等である。
回路中のVCC-GND間で動作しているのでそこにノイズが存在すればその分も光るはずで(笑)。
ノイズ成分が伝送されないとすればそれはVCC-GND間に存在するノイズ成分を
伝送していないと言う事であり何らかのフィルターが介在している事と同じだと思う。
果たしてそれがノイズだけだと誰か断定出来るのだろうか?

— posted by くま at 09:02 am  

この記事に対するコメントはありません

<< 2020.12 >>
SMTWTFS
  1234 5
6789101112
1314151617 1819
2021222324 25 26
272829 3031  
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0069 sec.