/ P43-ES3G Nine Hundred(アンテックPCケース)

P43-ES3G Nine Hundred(アンテックPCケース)

DSC00038


DSC00035


  
  
私のPCではないのですが頼まれて組み立ててみました。
CentOS5.2は問題なくインストール出来てオンボードデバイスもすべて完動でした。
グラフィックカードはNVIDEAの9600GTですがこれはNVIDEAのサイトから
ドライバーをdownloadしてインストールしました。
ギガバイトのマザーボードは久しぶりに触りましたが
どうも昔の悪いイメージが抜けません。
vistaのインストールでAHCIモードでがうまく設定できませんでした。
ネイティブには設定できるのに?

— posted by くま at 03:36 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [2件]

Up1. ころりん Website — 2009/01/14@23:15:41

こんばんは。

私はWindowsは何台も自作したんですが今linuxマシンを
自作するとなると鉄板マザーみたいのはありますでしょうか?
チップセットはインテルでCore2 Quadあたりが稼動出来れば
いいレベルで、目標はMythTVが稼動することです。

どうも、昔のイメージで

・LANが自動で認識しない
・音がならない

ってイメージがあって未だに動作確認が取れてた
i845Gあたりで停滞しています。笑。

最近はWindows並にとはいいませんがデバイスの認識に苦労する
なんてことはないのでしょうか・・・!?

Owner Comment くま  2009/01/15@22:42:33

こんばんは管理人くまです。

>・LANが自動で認識しない
>・音がならない

その認識は、まだ正しいと思います。
ただFedoraみたいな最先端なディストリだと
結構いけます。ただ、常用するには不安定ですよね。
私はFedora6まではお付き合いさせていただきましたが
追いかけるのに疲れて、CentOS5.xに乗り換えました。
それ以来CentOS5.xしかLinuxは使用していません。

>いいレベルで、目標はMythTVが稼動することです。

私のメインマシンであるIntel DG33FBは
本当に安定して使用できると思います。
オンボードデバイスもすべて問題なく動作します。
残念ながらCPUはE6850ですが
AHCIモードでインストールから何の問題も
発生しませんでした。
恐らくQuadでもいけると思います。
MythTVは問題なくインストールできました。
ivtvドライバーは確かVer10.6を
勝手にLinuxさんのパッチをあてて使用して
動作に問題のない事を確認しています。
キャプチャーカードは玄人、IO-DATAどちらでも
問題なしです。
ただし2枚差しはカードの認識が安定しないので
調査中です。
たぶん、PCIソケットとPCI-EXソケットの順番に
問題があるのではないかと思います。

この記事に対するこれ以上のコメントはありません

<< 2009.1 >>
SMTWTFS
    12 3
4 567 8910
11 12 1314151617
18 192021222324
25262728293031
 














T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0092 sec.