/ 雑記帳

[ カテゴリー » Audio DAC 関連 ]

I2S送受信基板の電源(2)

以前どこかの掲示板でDCアローの出力電圧を3.3Vに改造して
I2S送受信基板の電源にすると書いたら批判された事があった(笑)
それでこんな実験をした...

やはり3.3Vという低い電圧をDCアロー回路方式で作ろうとすると
トランジスタが1個あたり0.6V〜1.0V程度背負っている環境で
かなり非効率だし自分的にはノイズについても不利と考えて
LDO基板+DCアローで3.3Vを作るのが良いと考えて
実際に作成して使っていた期間もあった。
だがしかし...DCアロー回路ベースに3.3V電源回路を
改めて聴いてみるとなぜか?
音の立ち上がりが良い出音で何だかな-(笑)だった。

本日はその基板を半日程、現状の環境でイジってみた。
やはりとても気持ちの良い出音である。
moct氏が絶賛していたチップフイルムコンを試しに購入して
やなさんHDMI-i2s受信基板に盛ってこの電源を繋いでみると
また楽しくなって来ましたよ(笑)
追記...
白状すると自分はAK4499DAC基板のi2s入力信号を最初絶縁していなかった。
でもその状態だとi2s信号自体が3.3V系なので
その先に繋がる3.3V系で動作する回路に影響が出る事をお気楽kit藤原氏に教えていただいて
それ以来DAC入力回路は一度絶縁と非絶縁で音を聴いて見て決める様にしている。

追記01-12
鳴らすスピーカーが変われば最良の組み合わせのアンプも変わる。
オーディオをやっていれば至極当然の事だと思うが
電気回路をイジっていて負荷が変われば最良の電源も変わるという事は受け入れがたいのかぁ?
DACをイジっていると接続する電源で全く別モノになる瞬間を体験していないのかなぁ...
ナンタラ電源は前になんかに繋いで音が良かったかからとか...違う場合もあるんだと思うけどなぁ
なんたら電源最高説なんだろう。
ホントにそうか?音が悪いのは繋れ流れている負荷(Audio基板)の責任にされて
負荷が可愛そうだ。

— posted by くま at 11:36 pm  

TPS7A4700 電圧設定

TPS7A4700-2



— posted by くま at 11:32 am  

タンタルコンデンサーが必要なのか?

タンタルコンデンサーを追加したらベースラインが明確に追える様になってニンマリ
話は飛ぶが...
最近気がついた??
カタログにFET 最大電流:7A とか書いてあっても
それが7A流しても壊れないという事なのか?
必要になったら7Aを供給出来ますという事なのか?
見極めて使わないとダメなのか...

TAN1


tan2



参考リンク:http://kkuma.mydns.jp/ppBlog/index.php?UID=1537457254

— posted by くま at 01:23 pm  

これからどうしようか?

両手をあげて喜べないが素直な心で試聴して
順番を付けると...

lightmpd(USB出力) > smpd player(v1.0.9) > lightmpd(PCIE出力)

出音の品質は使っている電源の影響が大きいので
供給電源の開発進捗次第では今後順位が変わる可能性もあるが
USB出力とその他の出力の音質差は思っていたより大きい。

この試聴で使っているUSB接続の回路は実はニッケル水素電池を使ったもので
少し前まではその音の分解能が素晴らしと感じていたものである(笑)
低音域が減って歪みが少ない繊細な高音域が出たり出力レベルが下がると
静かになって音質が上がった様に錯覚する事が良くある(笑)

高音域の分解能が高いのはAudio的でとても素敵なのでがあるが
それを更に引き立てるのはやはり低音域だと思う。
綺麗な高音域を出すのはそれ程難しくないと個人的には思う。
何時も問題になるのは決まって低音域だ。
電池は透明感と分解能を出すには適した電源だと思うが
ソリットで伸びる低音域は苦手であると考えている。

まあ現況室温が低いので電池がPOWERを出せていない可能性もある。
テストは継続するつもりです。

PCIE出力PCなんてP45チップセットという旧システムでこの結果である(泣)
最新のPinkfaun i2s bridgeカードの電源は通常ではPC内部ATX電源から供給する様になっているが
更に先へ行ける様に5.0V供給ジャックが付いている。
ここに今まで色々なノウハウを得る事が出来て品質向上しているクマ電源を
繋いだらどうなるのか...

完全に座礁しているAMDマルチコアCPUのPCだとどうなるのか?
煩悩はエントロピーなのであった。

— posted by くま at 09:23 pm  

CMI8888のスペックシート

https://www.silicondevice.com/file.upload/images/Gid1508Pdf_CM8888DMS_Datasheet_v1.1.pdf
CMI8888のスペックシートを読んだらDSDなんて話は出ないと思うが...
無理筋な事、やってもメリットが無い事は分かると思うけどなぁ...
帯域が192KHzまでしか無いデバイスなのに...
ちょっと疲れたのでフェードアウト

$ make localmodconfig
これで最低限カーネル作ってArchlinuxで音出し成功してるんだけど
もちろんモジュール組み込まなかったら鳴らない。現状の先の話をしたつもりだったが伝わらない様だ。
何回も発言してるのだけれどAMD_CPUが必要なのは現状 lightmpd だけだと思う。
その他のディストリならi5_CPUでも普通に音は出てます。

※例外的にIntel_CPUでも古いCPU(ixシリーズ前)ならばlightmpdでも音が出る場合があります。

— posted by くま at 10:46 pm  

私はIntelCPUが大好き

大好きなのはLinuxを使っていてsourceからのインストールや
Kernelの再構築をしている方なら
なんとなく分かって貰えそうな気がしています(笑)

という訳でPink Faun I2S bridge + lightmpd/upnpgw でIntel-CPUを使った場合に
どの世代のCPUのまで音が出るのか?がちょっと知りたいです。

昨日遅くこのサーバーが止まったのは
このサーバーで使っているCPUでのテストがしたかったので
その準備のためにバックアップを取ったためです。

— posted by くま at 12:02 am  

業務連絡 間違っていたらm(_ _)m

多分こんな感じです。
ツェナーの部分は定数の調整が必要かも
あれ?LM350T可変三端子の片側は120Ωですね^^;
C8はタンタルコンデンサー指定です。耐圧高めにすると安心。
Vref  R1  VR1  Vout 
1.25  120  700  8.9 

Out50V2



— posted by くま at 02:03 pm  

大型ヒートシンク!

moct氏より大型ヒートシンクのお土産をいただいたので

big-H


予てより考えていた100Wクラス電源回路のテスト準備を進めている。
メインスイッチのドライブ段はお気楽kitの電源基板のメイントランジスタとそのドライブ段を外して使う。

12-8



— posted by くま at 09:17 am  

<< 2021.9 >>
SMTWTFS
   12 3 4
5678 910 11
1213 141516 1718
19 202122232425
2627282930  
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.4764 sec.