/ Linux native DSD playback support
このエントリーに対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバック(以下TB)URLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

Linux native DSD playback support

一言で言えば「LinuxでASIO 2.1/2.2ドライバーと同等の機能を実現させた」って事
凄いんですけど話題になってない何故?(^_^;)
 
参考リンク:https://github.com/lintweaker/xmos-native-dsdLink
      
Native DSD support for XMOS based devices
    
XMOS based USB DACs and converters can support native DSD playback using a 32-bit sample format.
DACs that support this feature expose it using a Alternate Setting on the USB interface. 
     
On Windows systems this feature can be used with a ASIO 2.1/2.2 driver from the DAC manufacturer.
     
I have added a new DSD sample format to ALSA and the Linux kernel (DSD_U32_LE) to support it on Linux and added the needed quirks to support it for a few XMOS based USB DACs/boards.
     
Currently native DSD playback on Linux is supported for the following
XMOS based DACs/USB converters:
iFi Audio micro iDSD [max DSD512]
iFi Audio nano
iDSD [max DSD256, with latest 4.04 firmware]
DIYINHK USB to I2S/DSD converter
[max DSD128] ..more to follow
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
XMOSベースのUSB_DACとDDC(コンバータ)は32ビットのサンプルフォーマットを使用してネイティブDSD再生をサポートすることができます。
この機能をサポートしているDACはUSBインターフェース上の代替設定を使用して聴く事を可能にします。
      
ASIO2.1/2.2ドライバーはWindowsシステム上でメーカーにより製造されたDACからで使用することができます。
      
私は、Linux上でそれをサポートするためにALSAとLinuxカーネル(DSD_U32_LE)に新しいDSDサンプルフォーマットを追加し、
いくつかのXMOSベースのUSB_DAC/DDCボードをサポートするために必要な癖を追加しました。
      
現在Linux上でネイティブDSD再生は以下のXMOSベースのDAC/USBコンバータでサポートされています。
      

— posted by くま at 11:09 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

このエントリーに対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバック(以下TB)URLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

<< 2016.8 >>
SMTWTFS
 1234 56
7 891011 12 13
14151617181920
2122 2324 252627
2829 30 31    
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0217 sec.