/ 雑記帳

[ Tags :: Server ]

DSD配信サーバーの罠(^_^;)

DSD対応配信サーバーを二種類試した。
どちらも問題なくDSDデーターを再生出来たが
DACに入力される形式に違いがある。
前者がDSD nativeであり後者はDoPである。
もちろんDACの入力表示はどちらもDSD入力と表示される。(^_^;)
      
**** List of PLAYBACK Hardware Devices ****
card 0: D20 [DIYINHK USB Audio 2.0], device 0: USB Audio [USB Audio]
Subdevices: 0/1
      
Twonky Serverで配信
# cat /proc/asound/card0/pcm0p/sub0/hw_params
access: RW_INTERLEAVED
format: DSD_U32_BE
subformat: STD
channels: 2
rate: 88200 (88200/1)
period_size: 3308
buffer_size: 13230
      
Minimserverで配信
(flac:wav, alac:wav, mp3:wav24, aac:wav24, dff:dopwav, dsf:dopwav)
某ブログでこの設定を空白にすればDSD nativeになると書いてあるが我が家では音も出ない?

※6/18修正追加Ubuntu16.04.2LTS環境ではMinimServer-0.8.4-linux-x64でDSD256で配信が確認出来た(^_^;)

管理人がLinux上で無料?で使用できる音楽配信可能サーバーでは
DSD nativeを配信出来るものは無かった。
      
# cat /proc/asound/card0/pcm0p/sub0/hw_params
access: RW_INTERLEAVED
format: S32_LE
subformat: STD
channels: 2
rate: 705600 (705600/1)
period_size: 26460
buffer_size: 105840
      
MinimserverはLINNで推奨されていると言うことだが
そもそもLINNはDSDを相手にしてないから(^_^;)

— posted by くま at 01:26 pm   commentComment [0] 

この記事に対する TrackBack URL:


コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

<< 2019.12 >>
SMTWTFS
1 234567
8910 11121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0259 sec.