/ 雑記帳

[ Tags :: Rch ]

DIYINHK の DDC基板 (2)PCM DSD 自動切り換え時左右逆転

I2S信号で出力をDACで受ける場合の信号名は
DIYINHK製のDDC基板の場合は
      
1:DATA/D1
2:BCK
3:LRCK/D2
4:MCK
      
このDDCとお気楽kitのDACを組み合わせると実は困ったことが起こる(^_^;)

kitの入力仕様を見るとDSD入力の場合は
1:DATA  Lch
3:DATA  Rch
となっていれば問題ないのだがDIYINHKのDDCの仕様は逆になっていて
1:DATA  Rch
3:DATA  Lch
となっている。
そのため実際の音出しをした場合にPCM出力時のLRとDSD出力時のLRが逆になってしまう。
具体的に一つの入力でPCM-DSD切り換えを自動にした場合には
出力のLRがテレコにならない様にどこか段階でLR信号を逆にする設定が必要となる事だ。
私自身の結論を書けば(正解ではないかも知れないが)DACへ繋がるI2S出力の DSDL DSDR を入れ替えている。
その場合には同一コネクタでPCM再生に切り換えた場合に問題が起きるのだが
お気楽kitにはPCMとDSDの別々の信号入力ピンヘッダーが設けられているので
その真の意味を私は知らないのだが(^_^;)解決策としてこの点を利用して
私のDACセットでは二つのDDCを付けてPCM再生とDSD再生で使い分けている。
Linux + mpd で再生エンジンを構築しているならば/etc/mpd.connf で二つの出力を定義すれば良い。

— posted by くま at 02:02 pm   commentComment [0] 

この記事に対する TrackBack URL:


コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

<< 2019.12 >>
SMTWTFS
1 234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0189 sec.