/ 雑記帳

[ Tags :: RaspberryPi2 ]

AK4493EQ レジスタ調査(1)

RasperryPi2で最低限これだけ書き込めば音は出る様です('~`;)┌
i2cset -y 1 0x13 0x00 0x8f 入力フォーマット指定
おまけで
i2cset -y 1 0x13 0x03 0xfc Lchボリューム
i2cset -y 1 0x13 0x04 0xfc Rchボリューム
誰かアルディーノに落とし込んで欲しい('~`;)┌

HiperB


AK4493



— posted by くま at 06:33 pm   commentComment [0] 

RaspberryPi2 赤外線学習リモコンユニット実態配線図

以前に書いた回路図の実態配線図を書いてみた。
今回は受光部分を追加しているが問題なくOSに認識された。
(ハードは簡単だがディストリによってはlircの設定に苦労するかも知れない(^_^;))
自宅環境では試しに自宅のレグザのリモコン信号を学習させて動作に問題なし(^_^;)

実体配線図


LED-2


ras-soket


20171005232552


20171005232611


参考リンク
http://kkuma.mydns.jp/ppBlog/index.php?UID=1491028684
http://kkuma.mydns.jp/ppBlog/index.php?UID=1491186350

— posted by くま at 11:51 pm   commentComment [0] 

moode ? 384KHzが可能に

pi@moode:~ $ uname -a
Linux moode 4.4.30-v7+ #919 SMP Tue Nov 1 16:57:28 GMT 2016 armv7l GNU/Linux

pi@moode:~ $ uname -a
Linux moode 4.4.24-sc1 #1 SMP PREEMPT Fri Oct 28 10:18:15 CEST 2016 armv7l GNU/Linux
       

moode2



— posted by くま at 02:48 pm   commentComment [0] 

Raspberry Pi2 で DSD 11.2MHz(DSD 256)ファイルを再生する

現状、RaspberryPI2のGPIOピンからのI2S出力は Native DSD 出力※注意6 は出来ないのだが
本体の2倍もする価格のDDC※注意2を使用して Native DSD(非DoP)を実現するのは邪道なのかとは思う(^_^;)
参考リンク
ラズパイ・オーディオでDSD 11.2MHz(DSD 256)対応が遅れている理由
http://www.phileweb.com/review/article/201606/16/2110.html
Raspberry Pi 2 | Arch Linux ARM※注意4
https://archlinuxarm.org/platforms/armv7/broadcom/raspberry-pi-2
Raspberry PiにArch Linuxをインストールする
http://www.nspl.co.jp/blog/archlinux_installation
この三つリンクを読んでいただくと実験の意味、やり方を理解出来ると思う。
結論を書くとRaspberryPI2とDIYINHK製DDCを組み合わせてI2S対応のDAC(DSD256対応品)に組み合わせると
RaspberryPI2でDSD 11.2MHz(DSD 256)が再生できるという事である。(追試してOK)
      
本体:Raspberry Pi2 TypeB
作業環境:Debian jessie 64bit
使用ソフト:GParted Partition Editor
使用機器:DIYINHK製 XMOS DSD DXD 384kHz
      
概要
1.ArchLinuxARM-rpi-2をインストールする。
GParted Partition Editorを用意して
(1)SDカ−ド全体をfat32にフォーマットする。
(2)sda1:100M以上 fat32 bootフラグ付き sda2:残りの容量 ext4 のパーテーション作成
(3)各パーテーションをマウントしてインストールする。
      
# mount -t ext4 /dev/sdx2 /mnt (第2パーティションを/mntにマウント)
# mkdir /mnt/boot (/bootディレクトリを作成する)
# mount -t vfat /dev/sdx1 /mnt/boot (入れ子のマウントになっているので注意)
# wget http://os.archlinuxarm.org/os/ArchLinuxARM-rpi-2-latest.tar.gz
# bsdtar -xpf ArchLinuxARM-rpi-latest.tar.gz -C /mnt
-p:ファイルの所有者やパーミッションを変更しない
-C:オプションは、展開先のディレクトリを指定
      
2.mpd-0.19.16 にパッチを当ててコンパイルインストール、設定する。
参考リンク:http://kkuma.mydns.jp/Linux-archlinux/index8.shtml
      
3.DIYINHK製のDDCと組み合わせてテストしてみると11.2MHzファイルまで再生出来ました。
      
$ cat /proc/asound/card0/pcm0p/sub0/hw_params
--------------------------------------
カード 0: DIYINHK
access: RW_INTERLEAVED
format: DSD_U32_BE
subformat: STD
channels: 2
rate: 352800 (352800/1)
period_size: 32768
buffer_size: 131072
--------------------------------------
      
$ telnet 192.168.11.23 6600
Trying 192.168.11.23...
Connected to 192.168.11.23.
Escape character is '^]'.
OK MPD 0.19.0
status
volume: 100
repeat: 0
random: 0
single: 0
consume: 0
play

— posted by at 09:08 am  

<< 2019.11 >>
SMTWTFS
     12
3 4 56 789
10 111213 141516
17181920212223
24252627282930
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0312 sec.