/ 雑記帳

[ Tags :: I2S ]

次のステップ...

何時ものことだが次の作業を絵に書いて確認後に進める。
そうしないとかなりの確率で間違える。
いつも即興で作るから予定と食い違う計算も違ったりする(笑)
まぁ送信基板の電源は正確には三段電源になっているしこれだけ物量を投入すれば
そりゃ何らかの結果は出わなぁ(笑)

革新なのか?プラシーボ下手物なのか?
新しい回路や組み合わせで今まで
聴いた事が無い音の表情が見えた時
何時も思う...

LM317-5


可変3端子レギュレーターにリップルフィルターを追加したら更に良い(笑)

R2が二本あってその値をSWで切り替えて出力電圧を変えています。

— posted by くま at 07:06 pm  

 

I2S横取り基板から信号を送り出すために...

この送信基板の回路図は前に紹介した様に思うが
具体的な解説は何もしていなかったので少し説明を...
この送信基板上に搭載している3端子レギュレーターICは3.3V出力である。
基板に搭載している2個のICはどちらも3.3Vで動作のためだ。

ただこの3.3V電源は二通りの方法で供給出来る様にしてある。
一つはI2S信号出力用コネクターとI2S信号入力コネクターから3.3Vを基板上のパスコンに接続してあるルート
もう一つは基板上の3端子レギュレーターICを使うXHコネクターから接続するルートである。
以前に上げたI2S横取りカードの画像にTO-220パッケージの3端子レギュレーター(5.0V出力)が
追加基板に載せて配線したあったのは基板上のXHコネクターから送信基板の電源に供給するためのものだった。
基板外からHDMIコネクターを通した供給は3.3Vだけに限定している。
理由は色々なバージョンを作ってしまうとある時に忘れて必ず燃えるからである(笑)
追記
このパターン画像から基板パターンはプリミティブに見えると思うが(笑)
両面基板だからスルーホールを多様すればもっと部品の集積度も上げられて
小型化する事も可能だし見栄えも良くなるがあえてそれをしていない!
I2Sの信号ラインは一度もスルーホールを経由する事なく入出力コネクターからパターンを引いている。
これが私の拘りであるが音質向上に有益かどうかは定かでない(笑)

AAA



— posted by くま at 11:33 am  

PinkFaunSoundCard搭載機AMD-PC

PinkFaunSoundCard搭載機AMD-PCにも
DonutsShop七海氏 最新バージョンのx86_64-upnpgwをインストールして
試聴することがやっと出来た。
あっはは太くソリッド音が飛び出して来た。
素晴らしい。凄い...楽しい。

— posted by くま at 01:41 pm  

どんどん試作、試聴を重ねて(2) プラシーボ全開

おぼろげながら横取り基板の最適改造項目が見えて来た様に思う。
今まで周辺機器に注いできた改良努力を無駄と思わせる様な飛躍
驚く音が出る様になって来た。
ホントにそうなのか?自画自賛なのか?
誰か確かめて欲しいがコロナが邪魔をする。
PS
白状すると今回判明した音質向上項目を
PinkFaunカードにもやってみたいという誘惑がある(笑)

— posted by くま at 10:02 pm  

Xonar-DSX全部載せ..

追記:10-06 現時点ではこのバージョンが一番良い音だと感じています。
       余計なお世話ですがくれぐれも使用する電源は厳選してください。
       良い音が全く出ません(笑)DCアロー以上が必要だと思います。
 
このバージョンは三端子レギュレターが2つ共に5Vにしてあり
一つはカード本体用でもう一つは送信基板にしてある。
どのような電源供給が理想的で音が良くなるのか?
試行錯誤を繰り返しています。難しいです。
元々の基板に付いている部品をパターンを傷つけない様に取り外すには
リペア用の道具とある程度の経験が必要なのでオススメしません。
強行する場合は各自自己責任でお願いします。
特にこのサウンドカードの仕様として
高温ハンダ使用+パターンが剥がれやすい ので注意が必要です。

起きた時点で終わってしまうので...
何か事故を起こしても自分で直せない改造はしないのが無難です。
自分は改造好きなワケではなくただ良い音を出したいだけでしょうがなくイジっている人です。(念の為...

DSX-F1



— posted by くま at 12:58 am  

送信基板一体型横取りカードのブラケット作成は面倒だぁ

すべて手加工なのでちょっと汚いですね(笑)
何を言いたい画像なのか?
ASUS Xonar DGX DSX をPCに取り付ける際に使うブラケットの構造についてです。
(ロープロファイルPCeI型で制作する時は特に注意が必要です。)
XY軸ではなく XYZ軸で作る必要があります。
必要工具としては
ハンドニーブラー、ドリル、リューター、糸ノコ、タガネ、叩き台でしょうか...
ブラケット上側の基板取り付け穴はL型に曲がった部分よりも上にあります。
なのでカード基板取り付け穴とアルミ材の曲げる位置の相対寸法を正確に出す必要が有ります。

然もなくば...
PCIeカードをマザーボードに接続する時に差し込むカードエッジ部分と
マザーボード上ソケットの上下の位置関係ズレてしまって
いざカードをPCに取り付ける段になって
正しくエッジ部分をソケットの底まで差し込む事が出来なくなり動作しません。
その逆にズレた場合はL型の部分がPCケースに密着せず蓋が閉まらなくなったり
カードをロックする機構部分を正常にセット出来なくなります。
まぁ実際に作って見て失敗しないと自分は上手く理解出来ませんでした(笑)

bu-1



ひつこい(笑)余計なお世話な図を!上下赤矢印間寸法は精度を出す必要があります。結構面倒です。
長短どちらの場合も問題が起こります(笑)もっと言うとこの図はZ軸方向について書いてありますが
PCにきっちり取り付けるには加えてX軸Y軸方向にも適正寸法を出さなければ上手く行かないという事です。
究極的結論はPinkFaun(手作り品)は高価だと思っていましたが手間暇かかっているからそうでもないと(爆)
自作には色々面倒なのでお金で解決するなら市販品も選択肢だなぁとか...

size-111



— posted by くま at 06:48 am  

DSX DGX 現在...

まぁ予測はしていたのですが外から電源を供給した方が発熱が少ないので
普段は外部電源を供給出来る様にDCジャックを付けました。
新たに絶縁IC付送信基板を付けたタイプも作成してテストを始めました。
前に書きましたが基板オリジナルの3端子レギュレターよりも大型のTO-220タイプは
音質向上に役立つ様です。
DSXは送信基板の電源を外部供給 or お気楽kit電源基板のどちらかに切り替えて使用出来る様にしてみました。

DSX


絶縁タイプのsenderをDGXに取り付けてテストしている。
絶縁ICを堺に2電源が必要になるためPC側用の3端子レギュレターが付いている。
DAC側にももちろん専用の電源が付いている。
まったく手軽さがなく電源をケチると途端に音質が落ちるのでオススメでは無い(笑)

DGX



— posted by くま at 01:44 pm  

どんどん試作、試聴を重ねて...

誰も後追いが出来ないというか(笑)
したいと思わ無い様な記事を連載しているかも知れない。
というわけで次のバージョンへ
どんどん条件を変えて試作試聴を重ねているのだがテストの度にサウンドカードが熱くなる。
それが半端じゃない。
このサウンドカードには105℃品の電解コンデンサーが初めから乗っているのだが
この高温での故障を減らすためなのか?と勘ぐってしまう。
で!
その主な原因部品は製造メーカー不詳の 7805 3端子レギュレーターなのだ。
通称DパックTO-252パッケージなのだが容量がギリギリなのかも知れない。
ここで悪い虫が騒ぎ出しTO-220品に交換してしまう決心をする(笑)
※注1 実を言えばTO-220品を試す前に秋月からNJM7805Sを購入して
交換して見たが発熱はさほど減らなかった(笑)

隣に広大な分譲地が残っているが予約済み?(謎)
交換により発熱は減り且つやはり音が変わった...やっぱりである。
ダイナミックレンジが広がったとだけ書いておこう。
※注2 OSコンが何個か見えるがこの部分は音質、低音域に直結しているので
交換すべし!(笑)
※注3 この画像はDGXのものだが実を言えばDSXはこの次の改造バージョンに進めてある...

TO220



— posted by くま at 06:00 pm  

<< 2022.12 >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 


















T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0218 sec.