/ 雑記帳

ubuntu10.04 解像度変更に失敗したときは

$ gnome-display-properties
助かった...

— posted by くま at 10:28 pm   commentComment [0] 

 

Ubuntu 10.04 & M-Audio 2496 Wadia151 PowerDAC mini

この組み合わせで聴くとなんか高級CDプレーって何?と
感じる私の耳は嘘か?よくわからなくなる。

まだ詰めきれていない部分があるので更に高みに行ける可能性もある。
だいたいデジタル同軸接続コードは安物の千円だし(笑)
(USB接続は音が甘くなる理由がわからない。)
自分が持ってるCDの半分をリッピングした。
HDの容量が足りなくなったのでマザーに付いていたRAIDを有効にして
RAID_0のアレイを作成した。
SiI 3132 Serial ATA Raid II Controller
嘘か本当か速度は
/dev/md0:
Timing buffered disk reads: 424 MB in 3.00 seconds = 141.16 MB/sec

/dev/md0:
HDIO_DRIVE_CMD(identify) failed: Invalid argument
readonly = 0 (off)
readahead = 4096 (on)
geometry = 156284160/2/4, sectors = 1250273280, start = 0

m-audio-audio



もっと高性能なサウンドカードも探したが...
linuxで動作確認が出来ているものだと中々見つからない。
しかも光デジタル出力 or 同軸デジタル出力で探すと尚更である。
YAMAHAの744系では動作を確認しているが古すぎ(笑)である。
また所有しているマザーボードの光出力もubuntu10.04では動作するが
レンジの広さと音の繊細感では単体サウンドカードには劣っている。
もう少し時間をかけてサーチすれば更に良いものも発見できるかも知れない。
ただ、仏作って魂なんとかではないがハードと同じぐらい重要なのはドライバーである。
ALSA PULSE 等のドライバーを試したが音の違いがはっきりわかるのには驚いた。
CDプレーヤーの開発プロジェクトにドライバーの書ける音のわかるプログラマーがいて
製品を開発したらきっと寒気がするぐらい良い音のプレーヤーができるかも知れない。
そんな わけのわからない事を考えながらビルエバンスのピアノを聴いている。

— posted by くま at 03:02 pm   commentComment [0] 

<< 2010.10 >>
SMTWTFS
     12
3 45 6789
10 111213141516
17 181920212223
2425 2627282930
31       
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0217 sec.