/ 雑記帳

[ カテゴリー » PC-Audio ]

DCアロー基板の出力電圧を変更

自分の環境ではAPU2D4 + APU1D4 がメインのプレーヤーなので電源電圧は12Vが必要になる。
そこで音が良いDCアローの出力電圧が12Vになる様に一部回路部品を変更した。
18V入力25Ωの負荷で12V/0.5Aが出力出来ているが...
これから色々と安全確認が必要だ。

20191122235143


※実際の部品は一部違っていますm(_ _)m

lts



— posted by くま at 11:55 pm  

スイッチング電源のテスト(1)

巷で噂になっている?スイッチング電源方式でAPU1or2 を動作させて
音質的にどうなのか?を試してみようかと考えている。
(※とりあえず追加基板等無しで)

昔々に励磁型スピーカーの電源に使っていた
TDKラムダのスイチィング電源を引っ張り出した。
当時の値段で4000円程度だったかな(笑)全然高級品ではなくて
工場で自動機とかに組み込んで壊れたら新品へ交換するぐらいのランク品
実験の準備...それでもスペック的には12V/8.5Aって(笑)
特記事項として
APU1 or 2はSMPDとは違ってUSB経由でしか出力が取り出せないから
USB電源を通してDDC(comba384等)にノイズ成分が伝達されてしまうと
音が汚染されるので我が家ではUSB電源は途中で切れていて
ニッケル水素電池からcomba384へ電源供給するようにしている。
まあ信号ライン to GND はどうなんだ!?とかいうツッコミは無しで(笑)

何度も書いているけどnon-NFB ディスクリート電源基板 DC-ARROWは何故音が良いのか?
入手して測定もしていないが m(_ _)m ノイズが少ないからと言う理由では無いと思う。
中途半端なフィードバック回路が無いが故に
負荷に対する反応遅れが無いのがその音の良さにつながっていると考えています。

対してスイッチング電源はどうなのか?と言えばフィードバック(帰還回路)無くして
絶対に実現出来ない回路なワケでもし直接接続して良い音が出たりすると
それってどうして??になるかなぁ(笑)

SW-POWER



参考リンク:http://kkuma.mydns.jp/ppBlog/index.php?UID=1536020398

— posted by くま at 07:58 pm  

smpd0.9系をメインシステムへ接続して聴いてみる

まあ 今までテストをさぼっていた。
メインシステムはI2S接続のデバイダーを使った
完全デジタルシステムなので接続が面倒だったという言い訳である(笑)
ちょっとついでがあって比較試聴をして見た

lightmpd/upnpgw(APU1+APU2)
smpd0.9系 (APU1 + RasberryPi3)

※smpdは利便性のためにDLNAレンダラー化してAPU1へ接続した。

まあ全然毛色の違う音がしてびっくりした。
音の分離、セパレーションがとてもすばらしいsmpdであった。
ちょうどパワーアンプを二台のモノラル構成にした様なイメージだ。
混濁が極端に減ったせいなのか?低音域が薄く感じる。
曲によっては??な感じであるが
低音が出ていない訳ではない。
優劣は書かない。もうちょっと調整してみないとなんとも...

参考:http://kkuma.mydns.jp/ppBlog/index.php?UID=1567818000

— posted by くま at 05:15 pm  

UPnPコントロールポイントソフト

自分は音楽再生に限らずlinuxをメインで使用しているので
Windowsがメインの人に良いUPnPコントロールポイントソフトは?
と質問を受けると困ってしまう。
自分としてはサーバーは minimserver と決めているのでそれに合う事が大前提。
加えて無料(笑)は昨日夜に探してみたが中々見つからない。
以前にlinux版を紹介したeezupnp と Linn Kazoo...ぐらい??
シンプルすぎて使い方の解説はいらないと思う。

参考リンク
http://www.eezupnp.de/
https://www.microsoft.com/ja-jp/p/linn-kazoo/9nblggh4np11?activetab=pivot:overviewtab

player-1



player-2



— posted by くま at 09:21 am  

symphonic-mpd v0.9.1正式版

手順書も完璧で何のトラブルもなく音出し成功です。
最初の一音でおお! 骨格がビッシっ....という印象です。
設定時のsambaサーバーとの接続もメーッセージが出て安心感があります。
ここまでやって貰って良いのかと感謝ですね。
私のdesktopはArchlinuxなのでsmpd.local では接続出来ずやはり直接IPアドレスを叩く必要がありました。
最近ネット上で発見したスグレモノコマンド echo 192.168.11.{1..254} | xargs -P256 -n1 ping -s1 -c1 -W1 | grep ttl
このコマンドを実行すると自分のLANに接続されているIPがすべて表示出来るのでRaspberryPiのIPもすぐに検討がつきます。
隣にDAC基板があるのになぜやなさんI2S-HDMI基板を使っているのかと言えば外部HDMI入力DACへの接続に向けてのテストだからです。

20191021085730



テスト機器構成:
RaspberryPi3
ALKALI RECLOKER
正出力定電圧電源基板(TYPE-E) 5Vx2 RaspberryPi3,ALKALIRECLOKER用
Hyper-β氏設計電源基板 NJM2397+TPS7A4700 x2ch 5V,3.3V DAC用
やなさんI2S差動出力HDMI変換基板送受信
やなさんAK4495EQ DAC基板
サンスイ小型トランス IV用

— posted by くま at 09:12 am  

音楽再生用?ホームサーバー

Archlinuxはメディアサーバーを作るには適したlinux OSだと思う。
ひと通り有名どころの無料の音楽サーバーソフトを試したが
一番種類がインストール出来て且つ動作したのはArchlinuxだった。
だがしかし、
Archlinuxはその特殊性とアップデートでガラリと変わってしまう性格のため
一般的なサーバー用途であるwebやmailサーバー用途には全く向いていない。(笑)
試した中ではやっぱり minimserverがダントツの安定性で安心して使う事ができる。
PCM,DSDnative再生も完璧にこなせる。
下の画像はlogitechmediaserverというソフトをインストールして再生テストをしたものだが
音は非常に良いと個人的には思う。欠点はDSD再生に対応していないのか?上手く行かない。

とんがっていないところとして電源入れっぱなしでWeb,Mailサーバーも兼ねる
ホームサーバーを構築するならubuntuが良いと思う。
ただし音楽再生関連ソフトではArchlinuxほど柔軟性がないため(依存関係)
最新のソフトを入れて試す用途には使えそうにない。

lms



— posted by くま at 02:16 pm  

Linux(16.04.4 LTS)をデスクトップで使って毎日音楽を聴く(1)

マザーボードには最初からサウンドデバイスが搭載されているが
ハイレゾ再生には適さないものが多いので(音は出るが)
自分の環境でメインでつかうサウンドデバイスのみ使用可能な設定にする。
設定ファイルは /etc/modprobe.d/blacklist.conf
ブラウザで音が出ない症状が出る事があるが ~/.asoundrc でalsaの場合を決め打ちにしておく。


$ aplay -l
**** ハードウェアデバイス PLAYBACK のリスト ****
カード 1: U20Q1 [USB Audio 2.0(Q1)], デバイス 0: USB Audio [USB Audio]
サブデバイス: 1/1
サブデバイス #0: subdevice #0

$ cat .asoundrc
pcm.!default {
type plug slave.pcm {
@func getenv vars [ ALSAPCM ] default "hw:1,0"
format S32_LE
period_time 0
period_size 1024
buffer_size 4096
}
}

— posted by くま at 10:49 am   commentComment [0] 

M-AUDIO Audiophile 192 AUDIOPHILE192 場合のmpd.confは

このカードではmpdから使えない?と思っていたが
device の部分の記述を変えると動作した!
hw:0,0 ではダメだと言う事だった。
   
audio_output {
type "alsa"
name "Audiophile192"
# device "hw:0,0"
device "iec958:CARD=Audiophile192,DEV=0"
mixer_type "software"
mixer_control "PCM"
# mixer_index "0"
}

----------------------------------------------------------
$ aplay -L
     
iec958:CARD=Audiophile192,DEV=0
M Audio Audiophile192, ICE1724
IEC958 (S/PDIF) Digital Audio Output

— posted by くま at 01:54 pm   commentComment [0] 

<< 2019.11 >>
SMTWTFS
     12
3 4 56 789
10 111213 141516
17181920 2122 23
24252627282930
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0452 sec.