/ 雑記帳

Hyper_beta氏の電源をデジタルチャンネルデバイダーに接続

これだからデジタル回路は分からない。一番敏感な部分に組み込んで試聴した。
低音域はやはり少し凹む感じだが中広域の音の張りが凄い。良い音だ。

20181028103544



— posted by くま at 10:58 am  

Autoがオススメなのかぁ DIV5142のINPUT_FREQ固定化(2)

20181020152616


試作プログラムでDIV5142の入力周波数の固定化してもらってご機嫌で試聴していたのだが
ボリュームコントロールをSWに切り替えたとたんにフロントページで固まって
それっきり設定を弄れなくなったので
藤原さんへ報告して修正していただいたPICが到着したので
再度聴きまくっている(笑)

— posted by くま at 05:01 pm  

NJM2397+TPS7A4700 二段構成の電源基板の音質をテスト

RaspberryPi2(rpi2-upnpgw-usb-20180930)
+ XU208 XMOS USB
+やなさんAK4497基板
+山水ST-28トランス
ちょい聴きでは澄んでいるがパワー感が足りない。

20181009094446



— posted by くま at 03:00 pm  

JAZZ Cafe Korpokkur/カフェ・コロポックルへ

koro-1


また行ってきました。カウントベイシーのCDを持ち込んだ方がいらして
その音源とマスターがDSD音源から加工した音源を比較する機会を得ました。
勉強になります。
自分の作ったDACを持ち込んで聴いてみたいと話したら
日程が合えばOKとの返事をいただきました(≧▽≦)

今回の連休にカフェ・コロポックル、カフェ・パーシモンを回ってきたけど
自分の再生している音とは全く違う音がそれぞれしていて
マスターが楽器がどう鳴ってどんなイメージを抱いているとか想像して
それが楽しく薄笑いしながら聴いていた自分(気持ち悪いヤツ)
正しいとか正しくないととかそんな問題ではなく
どんなふうに聴きたいのか、それが大切なんだと

— posted by くま at 08:02 pm   commentComment [3] 

I2S、三端子基板テスト環境

LDO三端子基板が立て札見たいですがI2S環境のテスト環境です(笑)
LDOの音質判定にも使えます。
ラズパイから剥ぎとったI2S入力DAC基板を独立で使える様にしたものです。

20181001133531



— posted by くま at 01:40 pm  

<< 2018.10 >>
SMTWTFS
 1 23456
78 9 10111213
14151617181920
21222324252627
28 293031   
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.2070 sec.