/ 雑記帳

よくある解説文

オーディオ製品の解説文で良くあるのが自分の都合の良い部分だけクローズアップして都合の悪い部分は知らん顔の解説文
スピーカーの磁気回路が原因で歪む部分をクローズアップしておきながら鳴らしているのは出力トランス付きの真空管アンプ?!
アンプでどれだけ波形が変わっているのか?スピーカーの歪みと比べてどうなのか?
私は真空管アンプの愛好者ではあるが入力波形の再現性、歪み値の小ささは安いトランジスタアンプに到底叶わないことは否定しない。
オシロスコープの波形比較で説明できないのだろうか?(出来そうにない(笑)
自分たちは玄人だから好ましく聞こえるのが最高?まあ、所詮オーディオとはそんな道楽、趣味といえばそうである。
聴いてみて好ましい音であった場合にそこにいくらお金を払えるか?それだけの事である。
そこの物理的根拠?オカルトめいた理屈は不要である。

— posted by くま at 10:55 am  

この記事に対するコメントはありません

<< 2011.11 >>
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27 282930   
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0086 sec.