/ Renew SRC4137基板でのDoP再生モード確認テスト

Renew SRC4137基板でのDoP再生モード確認テスト

Combo384と横取りカードでテストするも何故か?失敗してしまいました。
(まぁ想像するにドライバーの問題だとは思います。
Combo384を使うならDSD-nativeで出力出来るのでワザワザDoPで出力しないだろうし
横取りカードが発売されていた頃にはDSDは存在しなかったかも(笑)
まぁ言い訳はここまで(笑)
次にRaspberryPi4 + aoe smpd 環境でのテストしてみました。
入力周波数は表示されないものの音出しには成功しました。
テストは DSD64 DSD128 DSD256 の音源について行いすべて
下表の周波数表記と同じ値でPCに出力表示されている事が確認出来ました。

参考URL DSD形式の DSD64, DSD128 や DSD 2.8MHz, DSD 5.6MHz は何が違う?

NONALNUM-4453442DE8A1A8E8A898


この値を踏まえてRaspberryPi4 + aoe smpd 環境で DoP再生が可能か?
ラズパイに直接I2S差動出力基板を取り付けMCLK無しで出力したものを
今回のRenew SRC4137基板に入力しました。
(こうすると下手なHAT基板を付けた時のOSドライバーの影響を受けません。)
DSD128 DSD256音源ファイルを再生した結果を貼っておきます。
-----------------------------------------------------------------------
Album :ハイレゾで聴く「SK-EX」 ~カワイ最高峰のフルコンサートピアノ~
Format :DSD
Format/Info :Direct Stream Digital
Commercial name :DSD128
Format settings :Little

上記音源データーを再生して
$ cat /proc/asound/card0/pcm0p/sub0/hw_params で確認
access: RW_INTERLEAVED
format: S24_LE
subformat: STD
channels: 2
rate: 352800 (352800/1)
period_size: 8192
buffer_size: 176400

DSD128音源ファイルを再生した時にrate: 352800となっていて上表の値と一致しています。
-----------------------------------------------------------------------
DSD256音源ファイルを再生した時にはrate: 705600となっていてこれも一致します。

access: RW_INTERLEAVED
format: S24_LE
subformat: STD
channels: 2
rate: 705600 (705600/1)
period_size: 8192
buffer_size: 262144
-----------------------------------------------------------------------
結論として再生音出しは成功していると思われます。
参考URL mpdにちょっとしたバグがあるので

2-set



— posted by くま at 12:54 am  

この記事に対するコメントはありません

<< 2022.11 >>
SMTWTFS
  123 45
678910 1112
13 14151617 18 19
2021 22 2324 2526
2728 2930   
 


















T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0085 sec.