/ 雑記帳

lightMPD/upnpgw イーサーネットの分離(UPnPモード) 再生システムの音は良い(^_^;)

画像はデジファイのおと氏サイトより引用

upnpgw-upnp-nasgw2


      
upmpdcli:UPnPプロトコルをmpdのプロトコルに変換
polipo :polipoはHTTPサーバーからのデータをキャッシュ
※個人的にはキャッシュサーバーはアダプター側、プレーヤー側の2つ使用する設定がオススメ。
      
今回のlightmpdはメチャ音が良い。
      
その理由としては
1.homeネットワークから分離
2.キャシュサーバーを使用出来る。
この二点だと考えています。
      
実は自分の取り組みとしてArchlinux+リアルタイムkernel+HD直接続に取り組んでいます。
その取り組みの中でHDの電源をAPU基板からではなく外部電源から供給すると
音質が向上する事を確認済みです。
個人的に今回のlightMPD/upnpgwの音質向上の質がHD別電源供給時の質と似ていると思っています。
この事は高音質ハイレゾ再生するための「音源ファイルの読み出し」には
ハイレスポンスと静粛性が求められるという事では無いかと?勝手に思っている訳です(^_^;)
参考リンク
http://kkuma.mydns.jp/ppBlog/index.php?UID=1493650366
      
HDの直接接続ではファイルのアクセス時にモーター回転という機械的要素が絡んできます。
もちろん、再生までには間にSATAのデーターマネージャー的プログラムが介在して
データーがスムーズに流れる様に調整しているはずですがそれが弱いのではないかと思っています。
ネットワークオーディオが意外に音が良いのは前述のマネージャーの他にLAN通信マネージャーが介在して
調整した結果として1つよりも2つのマネージャーが介在することでよりデーターがスムーズに流れるのではと?(^_^;)
      
参考リンクのasoyajiさんのHPではデジファイのおとさんのHPよりも更にネットワーク分離を進めた形になっている。
ここまでは私の財力、技術力では追いつかないがデジファイのおとさん方式で十分では無いかと思う(^_^;)
         
参考リンク
https://sites.google.com/site/digififan/home/digifi-labo/lightmpd-upnpgw
http://asoyaji.blogspot.jp/2016/11/lightmpdupnp.html
      
Installに必要なDownloadリンク
apuboot4g.img.xz
https://drive.google.com/file/d/0B6wqcK_p4l0ReUdPY2JuV1hjV2s/view?usp=sharing
      
lightmpd-upnpgw-apu1-v1.0.0.zip
https://drive.google.com/file/d/0B6wqcK_p4l0RNHJQZndQSzZpYVE/view?usp=sharing
      
upnpgw-initrd-20170428.zip
https://drive.google.com/file/d/0B6wqcK_p4l0RUEE0NUpzRElzMU0/view?usp=sharing
      
lightMPDapu1-upnpplayer-v1.0.4-64.zip
https://drive.google.com/file/d/0B6wqcK_p4l0RQ0pmOFFUTGFUNTA/view?usp=sharing

— posted by くま at 10:42 am   commentComment [0] 

 

lightMPD/upnpgw

UPnPサーバーを使った音楽再生環境を構築するためには以下の3つが必要。
      
1.UPnP対応のメディアサーバー
 ex:MinimServer http://minimserver.com/features.html
      
2.UPnP コントロールポイント
UPnPサーバーの音楽データーを選択してしレンダラーに再生命令を出すソフト
 ex:UPnP audio Control Point https://www.lesbonscomptes.com/upplay/index.html
      

3.UPnP レンダラー
コントロールポイントからの再生命令を受けてメディアサーバーのデータを再生する。
 ex:lightMPD/upnpgw
      

— posted by くま at 09:06 am   commentComment [0] 

apuを2台、player側もupnpgwを使う... lightMPD/upnpgw

lightMPD/upnpgw を使うと
UPnP動作時にはmpdとメディアサーバー間にキャッシュサーバーを配置することが可能となり
高音質な再生が出来るようになります。

やっと音が出始めた...(^_^;)
      

con2


      
upnpgwアダプター側はこんな接続になる。
# ip a
1: lo: mtu 65536 qdisc noqueue qlen 1
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 1000
link/ether 00:0d:b9:33:fc:b0 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 192.168.11.23/24 brd 192.168.11.255 scope global eth0
valid_lft forever preferred_lft forever
3: eth1: mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 1000
link/ether 00:0d:b9:33:fc:b1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 10.0.0.1/30 brd 10.0.0.3 scope global eth1
valid_lft forever preferred_lft forever
4: eth2: mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 1000
link/ether 00:0d:b9:33:fc:b2 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 10.0.1.1/30 brd 10.0.1.3 scope global eth2
valid_lft forever preferred_lft forever
      
プレーヤー側
ip a
1: lo: mtu 65536 qdisc noqueue qlen 1
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 1000
link/ether 00:0d:b9:33:fc:b0 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 10.0.0.2/30 brd 10.0.0.3 scope global eth0
valid_lft forever preferred_lft forever
3: eth1: mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 1000
link/ether 00:0d:b9:33:fc:b1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 10.0.1.2/30 brd 10.0.1.3 scope global eth1
valid_lft forever preferred_lft forever
4: eth2: mtu 1500 qdisc noop qlen 1000
link/ether 00:0d:b9:33:fc:b2 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

— posted by くま at 05:26 pm   commentComment [0] 

MinimServer-0.8.4-linux-x64 ubuntu16.04.2LTSへinstall

下ごしらえjavaをインストール(^_^;)
# add-apt-repository ppa:webupd8team/java
# apt-get update
# apt-get install oracle-java8-installer
      
32bit環境のライブラリ追加
sudo dpkg --add-architecture i386
sudo apt-get update
sudo apt-get install libc6:i386 libncurses5:i386 libstdc++6:i386sudo dpkg --add-architecture i386
sudo apt-get update
sudo apt-get install libc6:i386 libncurses5:i386 libstdc++6:i386
      
MinimServer-0.8.4-linux-x64.tar.gz を download
# cp MinimServer-0.8.4-linux-x64.tar.gz /opt/
# cd /opt
# cp -r -p minimserver /opt/
# tar xvzf MinimServer-0.8.4-linux-x64.tar.gz
# /opt/minimserver/bin/setup
# /opt/minimserver/bin/startd
# /opt/minimserver/bin/starti

— posted by くま at 01:01 pm   commentComment [0] 

 

PCもHDも老朽化(^_^;)

# fsck -f /dev/sdd1
fsck from util-linux 2.27.1
e2fsck 1.42.13 (17-May-2015)
Pass 1: Checking iノードs, blocks, and sizes
Pass 2: Checking ディレクトリ structure
Pass 3: Checking ディレクトリ connectivity
Pass 4: Checking reference counts
Pass 5: Checking グループ summary information
video2: 314992/61054976 files (1.7% non-contiguous), 214132718/244190000 blocks

— posted by くま at 11:15 am   commentComment [0] 

ubuntu インストール後必須作業

$ sudo passwd root
# update-alternatives --config editor
# LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
# apt install synaptic
# apt install mozo

-----------------------------------
sudo gnome-terminal -e "sh -c '/usr/local/abin/APU1C-4;exec bash'"

— posted by くま at 09:35 am   commentComment [0] 

mpd のデータベース更新が余りに遅くて コノヤローとか(笑)

mpd のデータベース更新が余りに遅くて コノヤローとか(笑)
まあ私の環境だけしか出来ない?のかも知れませんが
いつもe-onkyoから新譜をdownloadしてもすぐに聴けずイライラコノヤローの解消方法
APU1Cで普段聴いている私の環境での方法
APU1Cと同じディレクトリー構造の別の音楽貯蔵庫をPCに作る。
PCにAPU1Cと同じmpdインストールする。
それでここからはちょっと未確定情報ですが
最近のmpdは mpd.db ではなくて tag_cache このファイルがデータになっているみたいなので
母艦のPCでmpdを何回かリスタートすると tag_cache が更新されるので
これをAPU1C(HD内蔵)の私の場合は/var/lib/mpdにコピーすると
すぐにクライアントソフトのメニューに反映される
それと/etc/mpd.confのデーターベース行をコメントアウトして
#db_file "/var/lib/mpd/mpd.db"
db_file "/var/lib/mpd/tag_cache"
こんな感じに修正すればOK!すぐに反映されます。

— posted by くま at 02:06 pm   commentComment [0] 

dlna:MusiCon+Twonky Server

Archlinux RaspberryPi2 Linux alarmpi 4.4.43-1-ARCH
環境で動作したがフォルダー内の連続再生が上手くいかない。
ubuntu16.04.02ではTwonkeyServerを認識しなかった?
      

dlnaMusiCon



— posted by くま at 10:16 am   commentComment [0] 

<< 2017.6 >>
SMTWTFS
    1 23
45678910
11 121314151617
18 19202122 2324
25 2627282930 
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0286 sec.