/ 雑記帳

NF-5ex 仕様

DSC00283



モデル名:     NF-5ex
仕様:       励磁型 丸線励磁コイル
サイズ:      12cm(5インチ)
インピーダンス:   16Ω
再生周波数帯域:  35〜25KHz(±3dB)
能率:       95dB
定格入力:     15W
最大瞬間入力:   25W(1KHz)
球形型磁気回路材質:S10C鋼
磁束密度:     1.4テスラ
質量:       5.0Kg
  
12cmフルレンジで95dBの能率が本当に出るとすれば...(笑)

— posted by くま at 04:47 pm   commentComment [0] 

このサーバーは岩手県にあります。

このサーバーは岩手県にあります。
11日に停止していましたが
本日、再起動を果たしました!
    
岩手県では多数の被災者が出てしまいました。
本当に悲しい状態です。
人だけでなく多くの思いである場所も失われました。
私は絶対に忘れません。

— posted by くま at 05:16 pm   commentComment [0] 

励磁電源と出力コンデンサーの関係

大容量フイルムコンを励磁電源の出力に入れると音の濁りが取れて良い音がするらしい。
その理由はなんだろうと考えると
コンデンサーのインピーダンス対周波数のグラフは「く」の字カーブを描く。
大容量になれば可聴領域の部分がインピーダンスが低くなるので
濁りが取れるように感じる音になると思う。
もちろんどんなに大容量のコンデンサーであっても
DCに近い低周波数では非常に高いインピーダンスを示す。
そこをカバーするためには直流が完全にカットされる出力トランス付きの真空管アンプが
相性が良いということになると
思われる?
何個もパラにしていくと今度はインダクタンス分が効いてくる...

— posted by くま at 09:10 pm   commentComment [0] 

 

励磁電圧の最適値

考えてみれば励磁型スピーカーは構造的にポールピースをコアとするトランスと考えられる。
どちらが一次側でどちらが二次側か?よくわからないが
直流を印可する側が二次側と考えるとそこに大きなキャパシタンスを
接続するということは二次側が交流的にショートしたトランスを
アンプはドライブすることとなり負荷が重い状態になると考えられる。
我が家では現状としてTDKラムダ製のスイッチング電源で励磁コイルに電流を供給しているが
音楽を鳴らした状態で励磁コイルの両端の電圧を交流レンジで測定すると
普通に試聴するレベルで実に40Vもの電圧が出ている。(ごめん。今、手元にオシロがない!テスターで測定)
この事はスイッチングレギュレーターの出力端に大きなコンデンサーが入っていない事を示している。
つまり励磁コイルの両端が完全には交流的にショートされていないということだ。
励磁電圧を9V 12V 17.5V と試してみると非力なアンプでは電圧が高いほどドライブ能力が足りない事を
感じさせるようになる。この事から励磁電圧の最適値はどうも接続するアンプの駆動力に
関係すると思われる。
簡単にいうと励磁電圧を上げるためにはドライブ能力の高いアンプを使用するべきであるという事です。
もしかして、当たり前の事書いてますか?私(笑)

— posted by くま at 08:19 pm   commentComment [0] 

励磁電源プロジェクト?!

何となく考えがまとまってきました。
励磁型スピーカーに必要とされる電源とは何か?
現時点で盛り込もうと思っている内容は
  
1.負荷抵抗が温度により上昇するため定電流型とする。(出力電圧としては30Vまで)
  
2.諸説あるが励磁コイルは交流的にショートしているのが望ましい姿の様なので
 スピーカーの近くでコンデンサー(2000uF程度まで)でショートする。
  
3.コンデンサーだけでショートしきれない分については回生回路を入れて
 コイルに戻してやる。ただし、これはあくまでも補助的に動作させる。
 フイルムコンとあわせてπ型フィルター構成とすると良いかも...
  
4.電源回路はなるべくスピーカーの近くに設置できる様にモノラル構成とする。
 接続する線はスターカット型としてそこでも容量を持たせる。
  
いつになるか分からないけど...これで作ります。

— posted by くま at 09:36 am   commentComment [0] 

 

私的オーデイオ感...(1)

「今までまちがっていた。」とかいうイントロで
科学的根拠も無にただ音が変わったという事実のみで
高価な部品と良く分からない回路で最高と言われても困ります。
  
確かに間違いだらけの世の中ではありますが
この世の中を支えているのは偉大な先人が築いてきた
数多くの基礎的原理、知識であることは誰も否定できるものではありません。
一度、初心に帰って「なぜ」という根拠を確かめる姿勢が大切だと考えます。
結果オーライを私は認めたくありません。
なぜなら、その先は何もない不毛の世界しかないからです。

偶然、良い結果が出たらそれは、なぜそうなるかについて
ニュートラルな立場で慎重に確認するべきです。
その確認過程においても先人たちの尊敬すべき原理、
法則が役に立つのは言うまでもない事と考えます。
  
音がどうとかいう前にまずオシロのプローブを接続してみてはどうでしょう。
その波形はいつもと比べてどうでしょう?
客観性の無いものをあんまり主張すると
宗教かオカルトか?良識ある人を惑わせる結果としかなりません。
  
「自分が基準である。」というならそれでも良いでしょう。
でもそれを商売にするのはあまりにも酷い。

— posted by くま at 09:06 am   commentComment [0] 

<< 2011.3 >>
SMTWTFS
  12345
6 789 101112
13 141516171819
2021 2223242526
2728293031  
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0229 sec.