/ 新 North Fox Digi (5) 外部2電源による再生

新 North Fox Digi (5) 外部2電源による再生

J7のスルーホールにXHコネクタを取り付けて外部電源5Vを供給する。
テストを始める。
現状、aoeの時は下の様な設定に落ち着いている。
一番不具合の無い設定と思う。

フロント側設定
# SPDIF (up to 192kHz/24bit)
allowed_formats "192000:24:2 44100:16:2 44100:24:2 48000:16:2 48000:24:2 88200:16:2 88200:24:2 96000:16:2 96000:24:2 176400:16:2 176400:24:2 192000:16:2"

バック側設定
# cat config.txt
# I2S DAC
##dtoverlay=rpi-dac
#dtoverlay=sabreberry32
#dtoverlay=hifiberry-dacplus
#dtoverlay=allo-boss-dac-pcm512x-audio
dtoverlay=allo-digione
  
# cat cmdline.txt
console=null rw rootfstype=rootfs fsck.repair=no rootwait logo.nologo quiet idle=poll transparent_hugepage=never audit=0 selinux=0 maxcpus=1 xenomai.supported_cpus=0x1 ssh=on ip=192.168.1.30:255.255.255.0:192.168.1.1


ext-power


電源の質が出てくる音にシビアに現れる。嵌った時には...
手持ちのRaspberryPi4は2台しか無いのでNFD基板をPi3に付け替えて
symphonic-mpd RPi3 Edition (32bit)で鳴らして見た。
全然悪くない!素晴らしい音がする様に思う。
使用している二枚の電源基板は全く別物に見えるかも知れないが
共に回路的にはSWアダプター→可変三端子→トランジスタという構成である。

test-1



— posted by くま at 11:00 pm  

この記事に対するコメントはありません

<< 2021.5 >>
SMTWTFS
      1
2 34 56 7 8
9 101112 1314 15
1617 1819 20 21 22
23242526272829
30 31     
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0122 sec.