/ 最近のDACの差動出力合成トランスの記事は良く分からん?

`長時間、お付き合いいただき申し訳なく...(^_^;)
| Main | ハイサイドSW_ICを使ってHDの電源のON-OFF (2) »

最近のDACの差動出力合成トランスの記事は良く分からん?

ESS9038PRO と 9028 にトランスを接続し
比較するブログを見ました。
どうも良く分からんのですが
      
トランスの許容容量について少し触れていたが
DACが電圧出力型だった場合はトランスに入力される信号電圧は
電源電圧以上の値にまで振れるはずもなく、巻き線に流れる電流値は
オームの法則で決定されるはずだから120mA流せる能力がDAC_ICにあっても
トランスの一次側の交流抵抗値で制限されてしまう様に思うが?
(トランスの場合インピーダンスは直流抵抗値よりも高いのが一般的)
何か間違っているんだろうか?
電流プローブ当てて計ったらそんな値が出ているんだろうか?

— posted by くま at 11:38 am   commentComment [0] 

この記事に対する TrackBack URL:


コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

<< 2017.5 >>
SMTWTFS
 1 23456
7 89 10 11 12 13
14151617 18 1920
212223 242526 27
28 293031   
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0380 sec.