/ Pentium M マシンへ Archlinix をインストール

Pentium M マシンへ Archlinix をインストール

Screenshot




インストールDVDで起動して#のプロンプトが出たら
sshで接続してから作業を開始する。
      
# passwd
# systemctl start sshd
# ifconfig
      
本体でパーテーション切ってファイルシステムを作ると面倒なので
あらかじめ他のPCで作成しておくこと
# fdisk -l
Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sda1 * 63 578339 289138+ 83 Linux
/dev/sda2 578340 156296384 77859022+ 83 Linux
      
# mkdir /mnt/boot
# mount /dev/sda1 /mnt/boot
# mount /dev/sda2 /mnt
      
# pacstrap /mnt base base-devel
# genfstab -p /mnt >> /mnt/etc/fstab
# arch-chroot /mnt
# echo 'LANG="ja_JP.UTF-8' >> /etc/locale.conf
Localの設定 /etc/locale.genで、UTF-8とja_JP.UTF UTF-8をコメントアウト
# locale-gen
# echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf
# export LANG=en_US.UTF-8
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
# echo 'ホスト名前' >> /etc/hostname
# systemctl enable dhcpcd.service
# pacman -S intel-ucode
# pacman -S grub
# grub-install --target=i386-pc --recheck /dev/sda
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
# exit
# umount -R /mnt
# reboot
この後にDesktopはMateを入れて見ました。
# pacman -S mate-panel mate mate-extra
# pacman -S mate-accountsdialog mate-applet-lockkeys mate-applet-streamer mate-color-manager
mate-disk-utility mate-screensaver-hacks mate-themes-extras

— posted by くま at 09:23 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:


コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

<< 2015.7 >>
SMTWTFS
   1234
567 891011
121314151617 18
19202122232425
26 27 2829 3031  
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0075 sec.