/ Arduino Uno Rev3 I2C 通信による AK4490 設定
このエントリーに対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバック(以下TB)URLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

Arduino Uno Rev3 I2C 通信による AK4490 設定

シェル上のスクリプトではコントール出来る事は分かったので
実用に向けてマイコン制御でもコントール出来るか確認してみた。
一番気になる部分はPCM-DSD切り替えの自動化であると思うが
ある方に基本プログラムを見せていただいたお陰で
ハード改造を含めて一日で出来るようになった(笑)
ラズパイといっしょでgpioピンが開放されているため
DIYINHK製DDCのDSDON端子のDSD再生時の信号を
H or Lでセンスしてif文で切り替えるオーソドックスな方法で問題無いようだ?!
この部分のプログラムもArduino Uno Rev3コントロールソフト添付の
サンプルプログラムをちょっと弄っただけだ。
次は鬼門のボリュームとミュートコントロール...
シェル上のスクリプトで予行演習できるのであんまり深い穴には落ちないで済む(笑)

DCIM0557


DCIM0558


参考リンク: FET搭載 I2C用双方向レベルシフタ 
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B014KBO6GI/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

— posted by くま at 12:22 pm   pingTrackBack [0]

このエントリーに対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバック(以下TB)URLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

<< 2016.3 >>
SMTWTFS
  12 345
6789 1011 12
1314 1516171819
2021222324 2526
2728293031  
 














T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0056 sec.