/ 雑記帳

[ Tags :: CMI8888 ]

CMI8888搭載SC808からI2Sをインターセプト(2)

2020/11/1の記事からの続報...
aim製 PCI-Express接続オーディオカード CMI8888チップを搭載 SC808から
I2S出力可能に改造は出来たらしいのですがなぜかMPD絡みだと動作しない(悲)
で...原点に戻って本家のPinkFaunのカードの基板パターンをちょっと解析してみました。
この結果を踏まえてaim製SC808サウンドカード基板上の WM8741 DACへのI2S入力ピンが果たして
PinkFaun製のカードと一致するのかどうか?
そこから再スタートかなぁ...
独り言...EEPROMで特別なコントーロールしている様だとアウトだな。

PF-I2S-1


CMI8888


参考リンク:http://kkuma.mydns.jp/ppBlog/index.php?UID=1604162225

— posted by くま at 12:44 am  

CMI8888のスペックシート

https://www.silicondevice.com/file.upload/images/Gid1508Pdf_CM8888DMS_Datasheet_v1.1.pdf
CMI8888のスペックシートを読んだらDSDなんて話は出ないと思うが...
無理筋な事、やってもメリットが無い事は分かると思うけどなぁ...
帯域が192KHzまでしか無いデバイスなのに...
ちょっと疲れたのでフェードアウト

$ make localmodconfig
これで最低限カーネル作ってArchlinuxで音出し成功してるんだけど
もちろんモジュール組み込まなかったら鳴らない。現状の先の話をしたつもりだったが伝わらない様だ。
何回も発言してるのだけれどAMD_CPUが必要なのは現状 lightmpd だけだと思う。
その他のディストリならi5_CPUでも普通に音は出てます。

※例外的にIntel_CPUでも古いCPU(ixシリーズ前)ならばlightmpdでも音が出る場合があります。

— posted by くま at 10:46 pm  

<< 2021.5 >>
SMTWTFS
      1
2 34 56 7 8
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0082 sec.