/ 雑記帳

[ カテゴリー » その他 ]

UEFI Archlinux ブートローダー再インストール

何故か?Album Player USBを立ち上げた後にSSDにインストールしたArchlinuxが起動しなくなる(悲)
UEFI Archlinux ブートローダー再インストールという事になる。
予めArchlinuxインストールCDを立ち上げてroot passwordを設定後に
sshdを起動しておき別PCからsshでログインして作業を進めると楽だと思う。
$ ssh -l root 192.168.1.14
password

root@archiso ~ # mount /dev/sda3 /mnt
root@archiso ~ # mount /dev/sda2 /mnt/boot
root@archiso ~ # mount /dev/sda1 /mnt/boot/efi
root@archiso ~ # arch-chroot /mnt /bin/bash
[root@archiso /]# grub-install --target=x86_64-efi --efi-directory=/boot/efi --bootloader-id=arch --boot-directory=/boot/efi/EFI --recheck
Installing for x86_64-efi platform.
Installation finished. No error reported.
[root@archiso /]# grub-mkconfig -o /boot/efi/EFI/grub/grub.cfg
Generating grub configuration file ...
Found linux image: /boot/vmlinuz-linux-rt-lts
Found initrd image: /boot/initramfs-linux-rt-lts.img
Found fallback initrd image(s) in /boot: initramfs-linux-rt-lts-fallback.img
Found linux image: /boot/vmlinuz-linux
Found initrd image: /boot/initramfs-linux.img
Found fallback initrd image(s) in /boot: initramfs-linux-fallback.img
done
[root@archiso /]# exit
exit
127 root@archiso ~ #
127 root@archiso ~ #
127 root@archiso ~ #
127 root@archiso ~ # reboot
Connection to 192.168.11.14 closed by remote host.
Connection to 192.168.11.14 closed.

— posted by くま at 08:55 pm  

Archlinux Kernel Build

コンパイルに三時間かかっていた。
.configを調整してここまで来たが腕がないので先が長い。

---------------------省略---------------------
Kernel: arch/x86/boot/bzImage is ready (#1)

real 8m44.880s
user 28m28.367s
sys 4m18.417s

— posted by くま at 11:57 am  

AC DC GND...

外の所謂地面、地表には
各家庭へ供給されるAC100Vの片側がアースされているんだが??
通常の家電品...DC直流で動作する回路は
供給側ACから完全に切り離す絶縁するために電源トランスを入れている。
一般的なGND?は直流回路が動作するための基準点だと思うけど違うのかな?
ノイズシールドとか色々な概念をごっちゃにしている様に思う。
(ゲルマラジオじゃないんだから何で地面に接続するのかよく分からん。)
ゲルマラジオは空間上にある電位差を音に変換するのだからマイナスプラスの電極はそれぞれ
地面とアンテナ(空間に設置された電極) なので地面に埋めた電極が必要になるワケだ。

無責任な発言をすると市販されている高価な仮想アースなんて購入しなくても
大きめの銅ブロックにネジを切って圧着端子ネジ止めでアースを取っていけば良い気がする。
ただ、そんなアースを付けると回路動作が不安定になってしまう可能性はかなり有る様に思う。
結局、音が変わるのは容量(コンデンサー成分)がぶら下がるのがメインの理由だと思う。
金かけて音が変わったからグレードアップ出来たとは限らないんだけど(笑)

— posted by くま at 02:10 pm  

サンプルレートコンバーター機改造

3系統の入力をHDMI-I2S受信基板にした。
これでHDMI-I2S出力プレーヤーの信号を3系統まで受けることが可能になった。
一番左側の基板はI2S送信基板です。この出力はI2S入力のチャンネルデバイダーに接続します。

HDMI-OUT



HDMI-OUT2



— posted by くま at 04:17 pm  

LCD SC2004CSWB-XA-LB-G 4列

20200528105835


20200528105827



— posted by くま at 11:21 am  

DC避けコンデンサー...

FC



— posted by くま at 03:02 pm  

AK4499EQは巨大かぁ...

お気楽kit基板を入手したもののケース組み込み考えると平積みではかなり巨大になりそう(笑)



— posted by くま at 10:07 am  

Archlinux ネットワークが接続できなくなった時の確認ポイント

/etc/netctl/ethernet-static
Description='A basic static ethernet connection'
Interface=enp6s1
Connection=ethernet
IP=static
Address=('192.168.X.X/24')
#Routes=('192.168.0.0/24 via 192.168.1.2')
Gateway='192.168.11.1')
DNS=('192.168.11.1')

## For IPv6 autoconfiguration
#IP6=stateless

## For IPv6 static address configuration
#IP6=static
#Address6=('1234:5678:9abc:def::1/64' '1234:3456::123/96')
#Routes6=('abcd::1234')
#Gateway6='1234:0:123::abcd'
/etc/resolv.conf
nameserver 192.168.X.X
/var/lib/netctl/netctl.state
enp6s1

— posted by くま at 08:49 pm  

<< 2021.9 >>
SMTWTFS
   12 3 4
5678 910 11
1213 141516 1718
19 202122232425
2627282930  
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0221 sec.