/ 雑記帳

[ カテゴリー » PC-Audio ]

基板を起こすのは色々と面倒なのである(笑)

完全互換にするには無駄に大きくしたりとか...うーーんである。

1746679-1



— posted by くま at 09:00 pm  

あぁ なるほど...

コーラスを聴いて何人編成か?
聴き取れるか?各人のポジションは?
smpdだと結構聴き取れる。

— posted by くま at 11:04 am  

最近のメインシステム図

Audio-system4



— posted by くま at 03:32 pm  

AK4137は 非同期モード(Async)で動作する

自家用システムの信号のやり取りは All_digital(I2S) なのだが
信号セレクター+SRCとして使用しているお気楽kit基板には
AK4137が搭載されている。
なのでそれを通すと言う事は
非同期モード(Async)で動作しているという事になる。
簡単に言えばMCLKがいらない。無くても音は出るという事だ。

これから試してみようとしているマスターモード動作のDACは
AK4137を通さずにDACへ入力しないと意味が無い様に思う。
だから信号をそのまま切り替える、出力する信号セレクタ的動作をする
DIX9211を搭載した基板を用意してある。

ただフルデジタルにする関係でサンプリング周波数を統一する必要があり
その部分をソフトに頼らなければならなくなる。
音質的に後退しないか?心配である。

— posted by くま at 10:59 am  

RaspberryPi4 + KALI Reclocker + aoe ...

時々ロックがかからず再生不能になる事があって悩んでいたが
先程原因が判明したように思う。
aoe方式で再生すると?どうも普段より電流が必要になるのか?
KALI Reclockerの入力電圧が低めになっていた。
少し高めに調整するとロックがかかり問題なく再生が始まった!!
これで良いかも...

— posted by くま at 08:54 pm  

レギュレーター 音質確認2

メインシステムのプリアンプ部の電源に組み込んでみた。
うーん軽い音質なのが少し残念だが一定レベルはクリアーしている。
話が飛んでしまうが...
ちょっと気になっている事なんだけど
DCアロー型電源はフィードバックがかかっていないので
当然の事ながら定格電を一瞬超える事もあると思う。
それは回路方式からどうしようもないのだが
それで負荷の機器に悪影響が出ないか?
十分に検討して電圧値等を決める必要がある。
私は音が良いからといってフィードバック(制御)がかかっていない電源を
高価なDAC-ICが搭載された基板に接続するのを躊躇ってしまう。

RR1



— posted by くま at 09:40 am  

Archlinux rt kernel...

今Linux archlinux 5.9.1-rt20-1-rt のカーネルで
クリスマスソング?(ビル・エバンス)を聞いている。(笑)

archlinuxはrtカーネルをKernel再構築という
面倒な作業無しに聴けるのでお気に入りである。
5.9.1-rt20-1-rtの方は所謂AUR (en) からインストール出来る。
これは yay を使わないとインストール出来ないが
通常のpacmanでもrt(リアルタイムKernel)はインストール出来て
こちらのバージョンは現在 Linux ArchPlayer 5.4.82-rt45-1-rt-lts だ。
「l」が付いているのはubunntuとかと同じで長期?サポートという事らしい。

2つのカーネルの音質を比較して一番差異を感じるのは
自分の環境では
lrtの方がrtに比べて音の余韻が感じられる所だ。

何回かconfigを弄り回して最小Kernelを目指した事があるが
苦労する割に見返りが少ないので最近は吊るしのカーネルで大人しく聴いている。

— posted by くま at 09:01 am  

lightmpd 外伝...

lightmpdの代表的な二台構成はAPU1,2の組み合わせですが、
その片方(Player側)を一般的なPCにlinux-OSをインストールした環境に置き換えて
lightmpd/upnpgw的な事ができるのか?

この組み合わせが可能な事、基本的な設定をmoct氏に教えて貰いました。
難易度は高めかも知れませんがハード的な相性の解消には良い手段だと思います。

自分の環境ではIntel-CPU i5 i9を使用したPCでPinkFaun Saundカードを使用した場合に
lightmpd/x86では動作不能という事に対する対策でもあります。
作り方はAPU二台構成時のPlayer側の設定を一般PCにlinux-OSをインストールした環境に施すだけです(笑)
自分はArchlinuxが常用なのでそれでテストしてみました。
Archlinuxは特殊な設定があり扱いにくいかも知れないので(笑)
UbuntuStudio lowlatency kernel が良いのでは無いかと思います。
サラッと書いていますが結構試行錯誤の部分が多いかも知れません^^;

APUは
Audio的に良いハードだと思いますがIntel,AMD CPUを装備したPCと比較して
少しパワーが足りないです。
Intel,AMD CPUは少々設定調整技術が足りなくても力ずくで解決してくれる様に感じます(笑)

肝心の出音ですがAMD-PCにlightmpd/upnpgw環境を2つ作って比較してみました。
2つとはUSBメモリーを使った純正仕様とM・2インストールArchlinux です。
フロントは共通としてAPU1C2(USBインストールx86版lightmpd)
結果はどちらも良いです...嗜好の範囲だと感じます

— posted by くま at 02:19 pm  

<< 2021.8 >>
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0189 sec.