/ 雑記帳

[ カテゴリー » Linux日 記 ]

dlna:MusiCon+Twonky Server

Archlinux RaspberryPi2 Linux alarmpi 4.4.43-1-ARCH
環境で動作したがフォルダー内の連続再生が上手くいかない。
ubuntu16.04.02ではTwonkeyServerを認識しなかった?
      

dlnaMusiCon



— posted by くま at 10:16 am  

QinHeng Electronics HL-340 USB-Serial adapter

$ lsusb
Bus 001 Device 012: ID 1a86:7523 QinHeng Electronics HL-340 USB-Serial adapter

こいつを購入して最新ububtu(i386)でテストしたが
文字化けで使い物にならない。
同じ設定でArchlinuxで試したところ
起動メニューで方向keyが使えないという以外は正常動作した。
田舎では1500円で売られているというとんでもないモノである(^_^;)
メーカーで配布されている「CH341SER_LINUX.ZIP」も試したが
最新カーネルのドライバーの方が文字化けしないという結果となった。

— posted by くま at 10:40 am  

このサーバーのOSをUbuntuへ変更

音楽再生ソフトの都合で
サーバーのOSをUbuntuに変更しました。
不具合がありましたらお知らせください。

— posted by くま at 12:52 pm  

Twonky Server 自動起動のためのsystemctl 設定

自動で起動するためにsystemctlを設定する。
# vi /etc/systemd/system/twonkyserver.service
[Unit]
Description=Twonky service
After=syslog.target network.target
      
[Service]
Type=forking
ExecStart=/usr/local/twonky/twonkystarter
ExecStop=/usr/local/twonky/twonky.sh stop
PIDFile=/var/run/mediaserver.pid
      
[Install]
WantedBy=multi-user.target
      
# systemctl enable twonkyserver.service
# systemctl start twonkyserver.service
# systemctl status twonkyserver.service

● twonkyserver.service - Twonky service
Loaded: loaded (/etc/systemd/system/twonkyserver.service; enabled; vendor preset: enabled)
Active: active (running) since 金 2017-05-26 20:31:10 JST; 1h 15min ago
Main PID: 18214 (twonkystarter)
Tasks: 14
Memory: 121.3M
CPU: 16.403s
CGroup: /system.slice/twonkyserver.service
├─18214 /usr/local/twonky/twonkystarter
└─18215 /usr/local/twonky/twonkyserver

5月 26 20:31:10 kkuma.mydns.jp systemd[1]: Starting Twonky service...
5月 26 20:31:10 kkuma.mydns.jp systemd[1]: Started Twonky service.

— posted by くま at 09:43 pm  

Ubuntu 16.04 に PHP5 をインストール

http://freefielder.jp/blog/2016/04/ubuntu-1604-php5-installation.html
これでなんとかブログは維持できるかな...

— posted by くま at 10:04 pm  

 

Ubuntu 16.04 LTSへチェンジしようと思ってる

CentOS から Ubuntu 16.04 LTS にサーバーをチェンジしようと画策しているが
設定がまるで違うので苦労してます(笑)

— posted by くま at 03:27 pm  

APU1C のArchlinuxのリアルタイムカーネルを Update

$ uname -a
Linux arch 4.9.18-rt14-ARCH #1 SMP PREEMPT RT Wed Mar 29 22:40:45 JST 2017 x86_64 GNU/Linux
当てたパッチは
      
patch-4.9.18-rt14.patch.gz
native-dsd-noise.patch
0001-usb-Add-native-DSD-support-for-Amanero-Combo384.patch

— posted by くま at 12:12 am  

画像bmpファイルを画像svgファイルにしてQCADで取り込む

使うOSをlinuxとして取り組んだところがネックだったのか(笑)
中々良いコマンドが見つかりませんでした。
やっと potrace というコマンドが見つかりました。
Debian8には apt-get install potrace でインストール出来ました。
ここから拡張子svgに変換してQcadで読んで見ます。

1:スタートはsampl.pngファイルだったのでGIMPでsampl.bmpに変換して保存
2:$ potrace -s sample.bmp このコマンドを実行すると sample.svg が出力される。
3:sample.svg をQCADで開いてみて開ければ成功

一度画像の縮尺を変更せずに作業を行ってどれだけのズレがあるか?確認しておく。
GIMPでsampl.bmpに変換する時に確認したズレ分を画像の縮尺で補正しておく。
QCADでsampl.svg を開けばそれなりの精度で実寸が得られる。

なんでこんな事をやってみたか?と言えば
基板を発注して届く前に電解コンデンサー等の部品を発注したいが
部品のリードピッチと本体の直径が明確にならないのでこれで検討をつけられないかと(^_^;)...

Screenshot-2svgdxf-QCAD



— posted by くま at 01:20 pm  

<< 2021.10 >>
SMTWTFS
     12
34 5 6789
1011 1213141516
17181920212223
24 25 2627282930
31      
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0196 sec.