/ 雑記帳

[ カテゴリー » Linux日 記 ]

リベンジ! カーネルリビルド

$ uname -a
Linux arch 4.14.29-rt25-ARCH #1 SMP PREEMPT RT Tue Apr 10 21:55:13 JST 2018 x86_64 GNU/Linux
何とか出来たけど安全を見込んでギリギリまで刈り込み出来ていません。
でも新しいカーネルって音が良い様に感じます。完全なプラシーボ(笑)

— posted by くま at 02:55 pm  

APU1C2 Archlinux Kernel

$ uname -a
Linux arch 4.14.8-rt9-ARCH #2 SMP PREEMPT RT Tue Apr 10 14:47:05 JST 2018 x86_64 GNU/Linux 
カーネルを入れ替えた
と思ったら必要なモジュールを含んでいなかった(笑)
lightmpdのカーネルからconfigを取り出したんだから当たり前の失敗なんで落ち込む。
当然の事ながらSATA、無線LANドライバーだって無いのが普通だわな---

ノーマルカーネルだと使用している中華DDCでDSDが再生出来ないので

$(LINUX_SRC)/sound/usb/quirks.c
u64 snd_usb_interface_dsd_format_quirks(struct snd_usb_audio *chip,
の関数にDDCの分を加える
$ cat /proc/asound/card0/usbid
20b1:3086 だから
      
case USB_ID(0x20b1, 0x3086): /* SPECIAL */
      
これでコンパイルを始めたのだが....
ご飯を作りながら作業していて電子レンジを入れるとブレーカーが落ちた!
当然、PCの電源も落ちた(^_^;)

— posted by くま at 04:34 pm  

Archlinux 固定IP設定

netctlコマンドを使って設定する。
    
# cat /etc/netctl/enp1s0
Description='A basic static ethernet connection'
Interface=enp1s0
Connection=ethernet
IP=static
ONBOOT=yes
Address=('192.168.11.7/24')
Gateway='192.168.11.1'
DNS=('192.168.11.1')
    
# netctl enable enp1s0
# netctl start enp1s0
# systemctl enable netctl@enp1s0.service
# systemctl start netctl@enp1s0.service

— posted by くま at 07:44 pm  

CORE2DUOではあるが64bitだと...

自宅サーバーPCをPenntium M からやっと変更しました。
不具合等ありましたら連絡をいただきたくお願いします。
入れ替えにあたってクリアすべき項目が多すぎて手を付けないでいたら不調になって(笑)
      
1.PHP5.6が動作すること(ブログ維持のため)
2.東芝レグザTVで録画再生できるサーバー機能が動作すること。
3.minimserverが動作すること。
4.upplayが動作すること。
5.ISOファイルが再生出来ること。
6.カードを使わずにRAID2構成可能であること。
7.使用ブラウザがalsaをサポートしておりeonkyoで音楽が試聴出来ること。
8.mpdが動作すること。(制作DACテストのため)
9.PT2がDVB環境で運用出来ること。
      
書き始めるとキリがない(笑)

VERSION="16.04.4 LTS (Xenial Xerus)4のデフォルトのphp7系からphp5.6に
切り替えインストールは本当に躓いた!!
参考サイト:http://thr3a.hatenablog.com/entry/20160621/1466469700
ここを見て書いてあるとおりに操作してもPHP5.6は有効に成らなかった。(笑)
install時には最後のコンフィグ時に必ずエラーが出る。
要は /etc/apache2/mods-enabled に下の2つのリンクがコンフィグで
自動に形成されなければならないということだと思う。
php5.6.conf -> ../mods-available/php5.6.conf
php5.6.load -> ../mods-available/php5.6.load
とりあえずinstallだけやって a2enmod コマンドでリンクを作ろうとしてもエラーになってしまう。
どうもapt-getコマンドでパッケージのinstall後に行われるコンフィグで作成されないとダメみたいだ?
失敗してやり直す場合には中途半端なapt-get removeではなくてapt-get purgeで
apache2 php5.6 php7系のすべてのパッケージを削除してから作業しないと
install最後に行われる設定作業時にエラーが出る。
そしてエラーが出ると中途半端なインストール状態になってしまう。
その時は必ず関連パッケージをすべて設定ごと削除してインストールし直すことが肝心だ!!

— posted by くま at 05:18 pm  

空のファイルを作る

$ touch file
$ echo -n > file
どちらかしか無いのかな?
なんでこんな事やっているかと言うと
Archlinuxのsystemctlでまともにmpdが起動出来ないので
エラーメッセージの言う事を素直に?聞いてみた。
      
$ cat MPD-START.sh
      
mkdir /var/run/mpd/
chmod 777 /var/run/mpd/
touch /var/run/mpd/mpd.pid
chmod 777 /var/run/mpd/mpd.pid
mpd /etc/mpd.conf
#
ps aux | grep mpd
      
こんなスクリプトを書いてみたから

— posted by くま at 11:35 am  

ubuntu16.04 に rygel をインストール

レンダラー+DLNAを単体PCで動作させてみたくなってインストール
あっさり成功した。
upnpは便利だ。IPを考える必要がない。
rygelはminimserverと組み合わせても動作するようだ。
クライアントソフトは定番のupplayではレンダラーを発見することが出来なかったので
eezUPnPをインストールして使用した。

player



— posted by くま at 10:30 am  

REGZAをLinux lircを利用してコントロール可能に

何回もリモコンを無くしてしまうので救急用に作った。(^_^;)
この書き込みだけでは参考にはならないかも(^_^;)

111



— posted by くま at 12:35 am  

LTspiceXVIIの罠 部品追加出来ない?

ここが参考になった。ありがとう。
ちなみにLinux環境でwineを使ってインストールした場合は
参考リンク先の解説にある通りで自分の環境設定ファイルは
/home/user_name/.wine/drive_c/users/user_name/My Documents/LTspiceXVII/lib/cmp
この辺になるのでここにある standard.bjt を編集して部品を追加する。
参考リンク
http://motchy99.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

— posted by くま at 12:06 pm  

<< 2021.10 >>
SMTWTFS
     12
34 5 6789
1011 1213141516
17181920212223
24 25 2627282930
31      
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.1429 sec.