/ 雑記帳

[ カテゴリー » Linux日 記 ]

公式RaspberryPi5用の電源アダプターを購入するのは悔しい?(2)

!検討は継続します(大笑)
以前に参考にしているページとしてリンクを紹介しましたが
なぜRaspberry Pi 5の電源は5V5Aなのか?
ここの「5V5A電源の解決策」という部分に
その中でUSB PDのネゴシエーション処理についての説明があり 以下引用
-------------------------------------------------------------------------
USB PDのネゴシエーション処理により、ラズパイ5は5V5Aの電源アダプターが接続されたことを認識します。
5V5AのACアダプターを変換プラグでつなぐ方法だと、USB PDのネゴシエーションが行われないため、
ラズパイ5の性能はリミットがかかった状態のままです。
ただし、この問題は/boot/config.txtにPSU_MAX_CURRENT=5000等の設定を追加し、EEPROMを書き換えることで対策可能です。
EEPROMを書き換えると、ラズパイ5はUSB PDのネゴシエーションをスキップし、5V5Aの電源が接続されている前提の挙動になります。
例えばラズパイ5がデフォルトでUSBポートに供給できる電流は、合計で最大600mAに制限されていますが、
5V5A電源に接続されているときは合計最大1.6Aに引き上げられます。
-------------------------------------------------------------------------
と説明されています。
実は現状自分環境で「5V5AのACアダプターを変換プラグでつなぐ方法」を採用していて

USB-C-5


且つconfig.txtにPSU_MAX_CURRENT=5000を設定しているんですね。
(usb_max_current_enable=1 でも同じ効果が得られる模様)
この状態でUSBメモリーへインストールしたOSから起動すると電流を5A供給出来ないという警告が表示されます。
この理由について考えるとこの変換コネクターの規格は 出力:最大45W (5V/2A、9V/3A、12V/2A、15V/2A、20V/2.25A)なので
おそらくソフトの設定よりもハード側が優先されて5V/2Aというネゴシエーション処理が有効になっていると考えています。
それではこの部分をハード側のネゴシエーション処理用の設定抵抗やeMarkerチップが無いアダプターや延長ケーブルにしたら
どうなるんだろうとか(笑)
リンク先の説明の様に5V/5Aが有効になになるのか?あるいは何らかの制限がかかるのか?
現在はこの辺にいます。何故コレほど大容量電源での運用に拘っているのかと言えば
まず第一にM.2による運用をメインに考えているためと専用電源アダプター以外での使用で
Audio的使い方をして音質に変化があるのか?無いのか?その部分を知りたいというタダそれだけなんです。

test-power1



— posted by くま at 10:19 am   commentComment [2] 

RaspberryPi5+NFD基板で音出ししてみた

RaspberryPi5+NFD基板 mpd+upmpdcli(Archlinux)を使って
音出しして音出ししてみた。
同じ条件でRaspberryPi4と出音を比較したが
違いは確実にあるが音質を理由にRaspberryPi5を導入する程では無いと
個人的には感じた。
ケースFanと純正ヒートシンク付きFanを装備した状態で
30分経過後の温度を確認したがやはり2個Fanは冷える様だ。

root@alarm:/home/alarm]$ vcgencmd measure_temp
temp=30.1'C

NFD-Rapi5



— posted by くま at 09:44 pm  

DesktopはArchlinux

今回symphonic-mpd掲示板でx86_64-upnpgwのトラブルを解決していただいたのですが
その際の説明で
------------------------------------------
曲が数秒で止まってしまう事象、こちらでも確認しました。
libcurlを 8.5.0 から 8.4.0 へ変更することで解消しました。
------------------------------------------
というものがありました。
自分のDesktopは環境はArchlinuxで
もちろん音楽を再生するためにmpd upmpdcliをインストールしてあるワケですが
その環境でも同じトラブルが発生してしまいました。
それで
# cd /var/cache/pacman/pkg/
# pacman -U curl-8.4.0-2-x86_64.pkg.tar.zst
としてみたところ解決したという次第です。感謝!

— posted by くま at 08:34 pm  

Open_Broadcaster_Software

設定を忘れてしまうので画像をあげておく(笑)
参考URL
Open Broadcaster Software

B-set


A-set


Archlinuxでドライバーはpacmanでインストール可能。OBSで外部カードとして認識されるので配信が可能になる。

int



— posted by くま at 10:24 pm  

x86_64-upnpgw のアップデート成功...

[kkuma@kkuma:~]$ ssh -l root 192.168.1.23 -p 8022
root@192.168.11.23's password:
# uname -a
Linux lightmpd 6.6.13-xanmod1-rt20 #1 SMP PREEMPT_RT Sun Jan 21 18:32:38 JST 2024 x86_64 GNU/Linux

[kkuma@kkuma:~]$ ssh -l root 192.168.1.23
root@192.168.11.23's password:
# uname -a
Linux lightmpd 6.6.13-xanmod1-rt20 #1 SMP PREEMPT_RT Sun Jan 21 18:32:38 JST 2024 x86_64 GNU/Linux

@donuts-shop73 さんに感謝!

追記 うちの環境だけなのか?再生が3秒で停止してしまう曲がある。
   一つ前のバージョンに戻すと問題が出ない。原因が分からない。
   音質的に良いので設定ファイルをもう少しイジってみたい。

追記 0128 @donuts-shop73さんに対応いただいて不具合を解消版がアップされた。感謝!

— posted by くま at 01:03 pm  

お気楽kit 正出力定電圧電源基板(TYPE-E)

さっきお気楽kit頒布のコーナを見たら
正出力定電圧電源基板(TYPE-E)は販売されていない様だ。
良い電源基板なのに残念である。
ただ...この基板は入出力部分がリード線で出す仕様になっていて
非常に不満であったので色々なコネクターで接続出来るように改造していた。
またこの基板は基本ACトランスからの交流入力で使う様になっているが
最近の自分はAC-DCのスイッチングアダプターからDCを基板に入れて使用する方が
安い電源トランスに接続するより良い音が出る様に感じていて
入力側のダイオードを撤去し変わりにコモン・モードコイルを付けて使用している。
やなさんはかなり以前に基板の配布を止めているし手軽に使える電源基板は絶滅危惧種なのか...
困ったもんだ(泣)

実はこの電源基板基板は5Vに設定して現在Pinkfauni2s bridge card に接続している。
今まではくま電源基板改を使っていたのだが限界を感じて違う回路方式だとどう聴こえるのか?
テストしていたのだがかなり以前に引退させていたこの基板を接続してみると結構良くて
環境に合わせてチューニングしたらもっと良くなるのでは?と取らぬ狸の何とやら状態に(笑)

NONALNUM-28545950452D4529



— posted by くま at 10:33 am  

DACを複数個使用したマルチシステムについて

某掲示板で熱いやりとりが交わされているのを見て
ちょっと老婆心で書いてみると
DAC基板複数個使用時にDAC内のレジスタ設定に同期モードが無くても
同じI2S信号のパラ接続で複数個のDAC基板へ信号を入力すれば事足りるハズ。
一応個人的見解としてAK4499はその内部レジスタ設定とアナログ出力回路部分から考察すると
贅沢モード?では2個使用で考えられている様に思う。
ちなみに自分の2WAYシステムでは4個のスピーカーユニットに対して4枚の基板を使用...
1スピーカーユニットに対して1枚(AK4499一個)を対応させている。
実を言えばAK4499基板は合計8枚組み立ててテストが終わっていて
これらすべての基板で鳴らす検討もしていたが(笑)
ヒロさんのPICのプログラムとAK4499内の設定出来るレジスタの関連から
各基板に割り当てる事が出来るアドレスは0〜3になっているので
同期モードでは最大4枚までしかシステムが構成出来ない??とか未だに理解出来ていないm(_ _)m
まぁ左右チャンネルを同期モードで動作させないとしたら8枚で
片方のチャネルを4枚で音出しまで行ける(笑)

下の画像の様に何個かのDACチップ間でI2C通信を行い
出力モード設定が出来ないDACでマルチシステムを構成する場合は
各DAC基板でそれぞれの出力信号モードを設定する必要があり
さらにそれに合わせたアナログIV出力回路を組み合わせる必要も出て来る様に思う。
(ロームのDAC-ICの仕様を確認していません)
加えてDACのアナログ出力へ接続するパワーアンプの増幅段が
何段あるのかについても考慮が必要になる。各チャンネルが同じパワーアンプなら問題ないが
違うメーカー等組み合わせる場合、例えば3段と4段のものであれば
どちらかの位相を逆にする必要がある。
よく出来たスピーカーであればその設定が違うだけで定位が再現出来なくなってしまう。

SET4


参考リンク: DAC4499 再制作の件(10)

— posted by くま at 09:50 am  

今日が一年の終わりらしいが余り関係ない(笑)

今日が一年の終わりらしいが余り関係ない(笑)
暦があるからそうなるだろうが
自分には余り関係無い話...
何日間かTV番組が面白く無くなるのが辛いかも

— posted by くま at 04:52 pm  

upplay-1.7.2.tar.gz どんどん上がって行く...

upplay172



— posted by くま at 08:14 pm  

LINN KINSKY をwineで

Archlinux wine上で
foober2000はダメだったがKINSKYは不具合なく動作するかも...

kinsky



— posted by くま at 10:18 pm  

<< 2024.4 >>
SMTWTFS
 1 2 34 56
7 8910 1112 13
14151617181920
21222324252627
282930    
 
























T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0437 sec.