/ 雑記帳

[ カテゴリー » Linux日 記 ]

意味不明のbotの嵐(荒らし)

昨日は意味不明のbotにサイトを荒らされました?
何で6000台のアクセス数...
そんなに記事も無いのになぁ
Apacheの設定ファイルで対策して見ました。
今の所は大丈夫かな(笑)

— posted by くま at 03:31 pm  

google広告がタイムリーすぎて...

ついさっき迄スパム攻撃らしきモノをこのブログが受けていました。
ブログ自体のIP制限とアパッチ2のアクセス制限設定を加えたら
とりあえず収まったのですが...
その後のGoogle広告でサイバー攻撃に対策ソフトの広告が表示され始めて????

— posted by くま at 05:32 pm  

.bashrc の話...

自分は目の付け所がフラットなので他人が普通だと思っても
とても驚いたり関心したりして第三者から変人だと思われる事が多い(笑)

本題...
symphonic-mpd が良い音を出すので最近弄る事が多くなった。
コマンド叩いて弄る事になるのだが
例えば ll と叩いて ls -l とエイリアスされている。
最初からこのコマンドが通ると気持ちが良い(笑)
まぁこれで普通の人では無い事がバレるワケだが(笑)
最近のディストリビューションではsystemctlコマンドは避けて通れなくなっている。
systemctl restart upmpdcli とか長いので打つのが疲れる(笑)
なので .bashrc のエイリアスのお世話になるのだが
どうもしっくりする略し方が思いつかなくてせっかく定義しても忘れて使えていなかった。
そうこうしている時にsymphonic-mpdでサービスの起動時に
例えば start upmpdcli とか打てば動作することに気がついて
.bashrc がどうなっているか?覗いてみて ああ!なるほどと感心した。

alias start='systemctl start $1'
alias stop='systemctl stop $1'

とかなっていた。なるほど個別に定義しておけばsystemctlを打つ必要が無くなる(感驚)
すぐに真似をした...(笑)

— posted by くま at 09:38 am  

ddコマンドのbs値の最適値は?

目から鱗状態でナルホドと(笑)
ddコマンドのbsサイズ
とりあえず我が家の環境での最適値を調べて見ました。
# ./dd-speed.sh
creating a file to work with
1175000+0 レコード入力
1175000+0 レコード出力
601600000 bytes (602 MB, 574 MiB) copied, 5.61014 s, 107 MB/s
---------------------------------------
Testing block size = 16M
35+1 レコード入力
35+1 レコード出力
601600000 bytes (602 MB, 574 MiB) copied, 3.30805 s, 182 MB/s

---------------------------------------
Testing block size = 32M
17+1 レコード入力
17+1 レコード出力
601600000 bytes (602 MB, 574 MiB) copied, 7.94921 s, 75.7 MB/s

---------------------------------------
Testing block size = 64M
8+1 レコード入力
8+1 レコード出力
601600000 bytes (602 MB, 574 MiB) copied, 5.46157 s, 110 MB/s

---------------------------------------
Testing block size = 128M
4+1 レコード入力
4+1 レコード出力
601600000 bytes (602 MB, 574 MiB) copied, 4.77684 s, 126 MB/s

---------------------------------------
Testing block size = 256M
2+1 レコード入力
2+1 レコード出力
601600000 bytes (602 MB, 574 MiB) copied, 4.90123 s, 123 MB/s

---------------------------------------
Testing block size = 512M
1+1 レコード入力
1+1 レコード出力
601600000 bytes (602 MB, 574 MiB) copied, 5.73013 s, 105 MB/s

bs=16M が最適値の様ですね。

— posted by くま at 04:23 pm  

Archlinux 指定kernelで起動させる設定

/etc/default/grubを下のように書き換えて

# GRUB boot loader configuration

GRUB_DISABLE_SUBMENU=y   #サブメニューを無効にする
GRUB_DEFAULT=2         #二番目のエントリーで起動の意

コマンドでブートローダーを更新する。
# grub-mkconfig -o /boot/efi/EFI/GRUB/grub.cfg

参考リンク:GRUB/ヒントとテクニック

— posted by くま at 04:00 pm  

Archlinux rt kernel動作確認

本日 moct氏からいただいたリアルタイムカーネルをインストールして動作が確認出来ました。
残念なのはこれから夜勤へ行かないと...
# uname -a
Linux ArchPlayer 5.9.1-rt20-1-rt #1 SMP PREEMPT_RT Tue, 10 Nov 2020 16:01:50 +0000 x86_64 GNU/Linux

現状使っているカーネルも残したいのでデュアルブートとするため
GRUB に自動で他のシステムを検索してほしいので、os-prober をインストール
/etc/grub.d/40_custom と grub-mkconfig を使って自動生成する。

# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

UEFI-GPT モードでは

# grub-mkconfig -o /boot/efi/EFI/GRUB/grub.cfg

肝心の2つのカーネルの音質については後ほど...^^;
5.4.70-rt40-1-rt-lts
5.9.1-rt20-1-rt
追記:11-19
個人的見解?ですが
2つのkernelの音の違いは音の余韻響きに違いがあると思います。
特に低音域は顕著でドラム、ベースの切り口の輪郭がはっきりするイメージ。
中高音域も音が出た後の響きが少なくなる付帯音が減るイメージです。

— posted by くま at 03:27 pm  

upplay プレーヤー Update (手動(笑))

upplayプレーヤーを愛用しています。昨日Updateしました。
Archlinux最新環境ではこの組み合わせで動作。
QTのバージョンが上がって来て試行錯誤する事があります。

libnpupnp 4.0.7-1 pacman
libupnpp 0.19.2-1 pacman
upplay 1.4.5 自ビルド

— posted by くま at 09:05 am  

HDを移植してIPアドレスを変更したい時に確認すべき設定

HDを移植してIPアドレスを変更したい時に確認すべき設定
/etc/hosts
/etc/hostname
/etc/systemd/network/enp0s0
/etc/netplan/01-network-manager-all.yaml

— posted by くま at 08:29 pm  

<< 2021.5 >>
SMTWTFS
      1
2 34 56 7 8
9 101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0219 sec.