/ 雑記帳

Archlinux リアルタイムカーネルを試す...

前回紹介したPinkFaunカードを装着したPCは
ハードディスクでのデュアルブートにしてある事は説明したが
UbuntuStudioのローレイテンシーカーネルで鳴らした時の音が素晴らしく
ノーマルArchlinuxカーネルで鳴らした時に比較すると勝負にならなかった。
それではっ Archlinux リアルタイムカーネルをインストールして試す!
(簡単そうに言ってるけど腕が無いので時間がかかった^^;)

$ uname -a
Linux archlinux 5.4.61-rt37-1-rt-lts #1 SMP PREEMPT_RT Mon, 07 Sep 2020 23:53:02 +0000 x86_64 GNU/Linux

肝心の音はいかに? おおぉ!!です(笑)
lightmpd/upnpgw で鳴らしたら何処かにぶっ飛びそうな予感がします(笑)
冗談はともかく今回のビルドは何も加えない引かないconfigで行ったので
次はガッつり絞ってビルドして最低限必要なモジュールの正体に迫りたいと思います。
なんで本丸のlightmpdでやらないのか?
それはI2S入力DACが2台しかなく音出しデバック作業時の関係機材の移動が
自分の部屋では非常に大変だからなんですよね(笑)

— posted by くま at 12:26 pm  

カードのブラケットを自作した(ロープロファイル)

譲っていただいた時点で標準のブラケットが付いていた。
HPのスリム型PCに装備したかったのでロープロファイルブラケットを自作した。
下の写真は実装状態である。lightmpd/upnpgwのためIntel LANカードが二枚装備してある。

setin





実験検討のためにArchlinux(CUI),UbuntuStudioのデュアルブート構成のHDを装備した。
HDの電源SWを付けてUSBブート時に対応出来るようにしてある。

D-boot



— posted by くま at 05:42 pm  

残念ながらダメだなぁ

lightmpdでPinkFaunのサウンドカードを使うという企みは残念ながら無理かも
このカードを購入してもう一度某掲示板で御願いする輩が現れる事があるだろうか....
結局のところ全部入りkernelが作成出来ないのであれば
新しいデバイスドライバーの組み込みは
デバック環境がビルドする人の近くに無い条件下では非常に困難。
自分でkernelをビルド出来ないと音が出る所まで行けない様に思う。
悲しい 悲しい。

— posted by くま at 09:02 am  

差動I2S信号のPIN配置を変えるアダプター作成

余りに面倒で繊細?な作業であったが何とか出来た。

余談...某掲示板でドライバーの組み込みをお願いしているが順調では無い。
いつ決着が付くのか?このまま何も進まず終わりになるのか?
lightmpdのカーネルコンパイル環境を丸ごとコピーして提供してくれないだろうかと思う。
そうすればconnfigを弄り回して何とか動作に漕ぎ着ける事が出来るかも知れないと思う。
何事も自分でできればこんな気持ちになる事も無いのに...辛いなぁ
一日何回も掲示板を見てため息を(笑)

ad22



— posted by くま at 06:07 pm  

<< 2020.9 >>
SMTWTFS
  1234 5
6 78 9 101112
13141516 171819
20 2122 23 2425 26
27282930   
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.2820 sec.