/ 雑記帳

ここまでやってsermonkeyを使う意味があるのか?

seamonkeyは通常起動して終了するとプロセスが残ってしまって
次回起動時にエラーがでて使えない。その時は
$ ps aux | grep seamonkey
としてプロセスのナンバーをしらべてkillするしかない
面倒なので自動化した。
      
cat /usr/local/abin/SEAMONKEY2.sh
#!/bin/bash

function abort
{
echo "$@" 1>&2
exit 1
}

kkk=`ps aux | grep seamonkey | grep opt | awk '{print $2}'`

if [ -z "$kkk" ]; then
/opt/seamonkey/seamonkey
abort "Exit!"
fi
echo ""
echo "-----確認-----"
ps aux | grep seamonkey | grep opt | awk '{print $2}'
echo "--------------"
kill $kkk
/opt/seamonkey/seamonkey

パネルから起動する場合は以下の様に登録

sh -c '/usr/local/abin/SEAMONKEY2.sh'

— posted by くま at 10:01 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ブラウザ使用時のサウンドデバイスを固定する

YouTubeで動画を見る時にブラウザから音が出なくて困る事がたびたびありました。
それで自分がユーザーの時にalsaで使用するデバイスを固定しておく。
      
$ cd
$ vi .asoundrc
pcm.!default {
type plug slave.pcm {
#@func getenv vars [ ALSAPCM ] default "iec958:CARD=YMF724F,DEV=0"
@func getenv vars [ ALSAPCM ] default "hw:0,0"
format S32_LE
period_time 0
period_size 1024
buffer_size 4096
rate 44100
 }
 }
      
ブラウザ起動時に指定も出来る
ALSAPCM="hw:0,0" seamonkey
パネル登録時の記述
script -q -c 'ALSAPCM="hw:0,0" /opt/chromium/chrome-wrapper %U'
      
デバイス番号確認の時は
$ aplay -l
**** ハードウェアデバイス PLAYBACK のリスト ****
カード 0: Intel [HDA Intel], デバイス 0: ALC889 Analog [ALC889 Analog]
サブデバイス: 1/1
サブデバイス #0: subdevice #0
カード 0: Intel [HDA Intel], デバイス 1: ALC889 Digital [ALC889 Digital]
サブデバイス: 1/1
サブデバイス #0: subdevice #0
カード 1: NVidia [HDA NVidia], デバイス 3: HDMI 0 [HDMI 0]
サブデバイス: 1/1
サブデバイス #0: subdevice #0
カード 2: Audiophile192 [M Audio Audiophile192], デバイス 0: ICE1724 [ICE1724]
サブデバイス: 1/1
サブデバイス #0: subdevice #0
カード 2: Audiophile192 [M Audio Audiophile192], デバイス 1: ICE1724 IEC958 [ICE1724 IEC958]
サブデバイス: 1/1
サブデバイス #0: subdevice #0

— posted by くま at 03:22 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

Archlinux systemctl mediatomb 色々変わっていて設定躓く...

設定ファイルはここにある
/etc/conf.d/mediatomb
/var/lib/mediatomb/.mediatomb/config.xml
データーベースはmysqlからmariadbに変わっている
パスワード設定メモ
systemctl stop mysqld.service
mysqld_safe --skip-grant-tables &
mysql -u root mysql
mysqlshow -u root -p
       
mediatombのスタート時は以下の二行を実行
systemctl start mysqld.service
systemctl start mediatomb.service

— posted by くま at 12:04 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

debian日記−1

http://www.devslife.com/2013/11/09/debian/
http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1319469326

— posted by くま at 12:31 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

Debian (kurobox-pro) Kernel入れ替え Linux kurobox-pro 2.6.39.4

実現出来た項目
1.iptable実装
2.赤外線送受信リモコン動作
3.USB-AUDIO動作(mpd)
4.wlan環境動作
5.BCASカードリーダー動作
6.NFS環境動作
7.NTFSファイル読み込み
8.samba動作(REGZA録画OK)
7.mediatomb動作
8.アパッチ動作
        
何回もコンパイルをやり直す事となりしんどかったです(笑)
最初に手を付けた時はapt-getコマンドが使えなくて困りました。
原因は内部クロックが未来の時間を示していたためです。
もう一つ、GPG-KEYが期限切れでした(笑)
それと大きな問題としてudevの端境期の製品だったので
無理にupdateするとエラーを吐きました。
カーネルを新しいものに変えて apt-get update すれば回復できます。

— posted by くま at 10:33 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

パルストランスの交換

ebayから購入したCM6631A DDC基板のパルストランスをルンダー製のものに変えてみました。
音の傾向としては中高音が太くしなやかに変化しました。

DCIM0144




DCIM0143



— posted by くま at 02:52 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

<< 2015.2 >>
SMTWTFS
1 2345 6 7
8910 11 121314
15161718192021
22232425262728
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0437 sec.