/ 雑記帳

[ カテゴリー » 徒然日記 ]

コロナコロナで過ぎていった連休とか

たいした家庭内イベントも無く連休が終わった(泣)
娘が医療関係者だったらしく(笑)
一回目のワクチン接種が終わっているとの事で
何ヶ月ぶりかで会いに行った。(元気そうで良かった。)
土日も当番で出勤、休みでも携帯を持たされ何かあると呼び出される。
そんな日々がもう二年目...若い娘遊びたいだろうに 不憫である。

もう絶対に元の生活には戻れないという事を
世の中の人々も気がついているようで
それが連休中の観光地に反映し凄い人出になっている。
命がけのリスクを承知で遊びに出かけているのか?
覚悟はあるのか?
不明である。

自分はまだ高齢者では無いので何時頃ワクチン接種の順番が回ってくるのか
まったく不明である。色々と調べて推測するにあと2年後ぐらいか(笑)
それまで感染せず生きている事が出来るのだろうか?
まぁ自分がワクチン接種を受けるまでは他人への感染と自分の感染を防ぐために
「私用の外出は近所のスーパー程度にして!」と娘に言われているし
自分もそうしようと思う。

自分には持病とアレルギーがありワクチン接種のリスクは普通の人よりもかなり高い。
下手をすれば副作用で重篤な状況→死亡に至るケースも十分考えられるが
チャンスがあれば即ワクチン接種を受ける覚悟である。
これから生きていくという事は新型コロナウイルスと共に生きていくという事だから!

ワクチン接種を受けない選択はもちろん個人の自由であるが
それを理由に
新型コロナに感染して重篤な状況となったり死亡に至る可能性が高くても
「自己責任だから接種は受けない。」 という方がいるが
新型コロナに感染した時点で関わりのある周りの人々を巻き込むリスクが発生する。
他にも根拠の無いネット上の陰謀論を力説、ワクチン接種を拒否し続けるのはただの身勝手に思える。
自分も社会の一員であるという事が理解できていない当人の自覚の無さが成せる業であろう。
更に本人の意思で治療拒否であっても
人道的な意味と更なる感染拡大を防ぐため放置する事も許されない。
第三者的に見れば 迷惑な人 でしかない。
自分が間違っていて人的被害が発生した時の責任が果たして取れるのか?
自問自答していただきたい。

どうしても自分が正しいから貫きたい方もいるだろう。
どうしてもというのであれば誰にも会わず接触せずもちろん会話もする事もない人里離れた
ポツンと一軒家でコロナが収まるまで生活して欲しいというのが本音である。

「コロナのワクチンにはマイクロチップが入っていて、5G電波で操られる。打てば5年で死ぬ」
「菅も麻生も逮捕された。今、表に出ているのはゴムマスクやクローンだ」
とか陰謀説は実にユニークで面白い。(笑)
根拠を見せてほしい。この件については論議するつもりは無いです。あしからず

参考リンク:日本コロナ対策の大きな障壁。「コロナは風邪」な人々によるデマゴギー

— posted by くま at 12:12 am  

独り言...

超高級機を並べてお金かかってる的成金Audioは
嫌いというか...羨ましい(笑)
自分もお金があったら
こんな面倒な自作Audioなんてやっていないと思う。
アキュフェーズのシャンペンゴールド色のモノA級アンプを何台も並べて
マルチシステムとかやっていたと思う(笑)

現実は仕方なく作るワケだが(笑)
ただ...
作るからには完成!音が出れば良いAudioとか
作るのが難しくて音が出て達成感バンザイAudioとか
動作原理もよく分からず高級な部品、入手難な部品を使っての凄いだろAudioとか
音は良いのだが見栄えが汚いAudioとか
そうならない様に....

そして全ての基本原則は
基板だろうがケース(外観)だろうがすべてが美しく!!

音的にもカウターポイント的な部分を目指す様に 心がけているつもりではある。
それでも良い部品は高価で
自作すれば市販されている製品よりも高価になる事もある^^;
しかしそれは高価な部品は高性能なものがあるからで
その特性が必要だから使うのであって決して自慢する為ではない^^;
その部品の良さが音に出るから使っているのである...
ただ、ただ もっと音楽を聴くことで感動したい。それだけ

— posted by くま at 09:23 pm  

来月からまたバイトがスタートかな?!

バイト先から電話が来た...
良かった。これでまた部品が購入出来そうだ(笑)

これで手持ち部品or基板は販売しなくて済む
完成基板はすべて組み込んでしまっているんだな(笑)

— posted by くま at 12:24 am  

小型化....

その辺に落ちていた部品を拾ってインターメッツォ...(笑)
実験用電源基板なのでどんな電圧にも対応出来る様にしてあったがプラス音質も欲しくなり
ジャイアン氏のフロントレギュレーターなるものを追加したくなった。
リード線ブラブラだと持ち運びが面倒になるのでノイズフイルターは母基板に載せたままで
3端子レギュレータ部分をサブ基板に搭載して無理やり組み込んだ(笑)
この試みは成功だった。
現存する我が家のDCアロー電源をすべて改修しようと思っている。

konoyroD



k2s



PS
symphonic-mpdで音楽を聴くとトタン屋根に見えていたのが実は瓦屋根だった事に気がつく
音と音の重なりを自然に感じさせてくれる素晴らしい。だからシンフォニックなんだなきっと

PS2
何が上手くいっているのか?不明だけど
最近のリスニングルームは素晴らしい音が響いて...
死亡フラグでも立っているのかと少し怖くなる。

— posted by くま at 10:19 am  

2月〜3月...

色々とがっかりな事が続いた...
残念ながら...無理だなぁ

やはり熊は巣穴から出て人里へ降りてはいけない生き物なのであった。
また引きこもり熊に戻ろうと決心する...

— posted by くま at 10:49 pm  

変なおじさんなのか?技術者なのか?

設計開発や品質保証とか経験すると
一応他人の意見を受け入れた様に聞いていても
結局は自分でテストして直に見たものしか信じない。

この習性というか悪い性格は
優れた技術者はみんなそうではないかと思う(笑)
加えて優れた技術者ほど説明能力が無い様で
部下(弟子)になって質問しても一回で理解できる答えが得られない。
そんな中でまずは真似して真似して仕事をこなして
その中から理解できなかった答えを探す。
一朝一夕に技術なんて身につかない。

アイデアが最高でもそれを形にして
何時も同じ動作をして且つ危険もないモノを作るのは
容易い事ではない。

物事に対しての愚直で正確な向き合いが出来なければ
それは出来ない。
残念ながら...結果がすべてである。
口だけ達者で成果が出せないとそのうちに相手にされなくなる(笑)
出来ない技術者は第三者的に見れば
ただのオカシイおじさんでしか無い(笑)

— posted by くま at 12:10 am  

Archlinux rt-kernel とDLNAサーバーを介した再生

本日は夜勤明けで自宅に帰るなり熱いシャワーを浴びて
苦いコーヒーに甘いお菓子を食べてすぐに寝た(笑)
起きたら15時過ぎで即席袋ラーメンを食べていたらmoct氏より電話で
食べ終わったらかけると言って一旦切った。

折返しで
まぁ何時ものように今取り組んでいる内容について話した。
その内容の中で最近Archlinux rt-kernelでの音楽再生が
上手く行かないバージョンがあるという話になり
ああ自分だけではなかったと安心したり(笑)

まったくArchlinuxは突然に仕様を変えて来るので
バックアップが欠かせない。
自分は現状、ひとつ古いバージョンのrt-kernelを使用して
音楽が聴ける様になった。
うまく再生出来ない原因がまさかkernelだとは分からず
再起動を繰り返したり大分ハードに負担をかけてしまった...反省
追記:
何種類か部品追加したクマ電源基板で
良い音を出す個体のどの部品が音質に効いているのか?
やっと突き止める事が出来た。
同じ仕様で2枚改造して今、試聴しているが間違い無い様に思う。
デカップリング回路定数の変更だけで極端に音質変化が起こるのは実際にやって見て
目の当たりにしなければ信じて貰えない様に思う。
今日の作業は終了!
芋焼酎を飲みながらのビル・エバンスはしみるなぁ...

— posted by くま at 10:17 pm  

更なる音質向上ネタ...

面倒な事は大嫌いなのに中途半端なモノは作りたくない。
ホント自己崩壊している(笑)
電源ネタでやりたいことが沢山あるのだが
安易に手を入れると破壊するパターンが多いので
気合が入らないとスタート出来ない...愚図だなぁ

— posted by くま at 12:29 pm  

<< 2021.5 >>
SMTWTFS
      1
2 34 56 7 8
9 101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0206 sec.