archlinux  voyage-mpd デュアルブート

<<トップページへ

■作業

archlinux voyage-mpd デュアルブートのポイントだけ書いて置きます。
(みみず工房さんからの情報でこのデュアルブートはブートローダーgrubを使うと上手くいかないらしい。)

1. archlinuxインストール
二つに分けたパーテーション /dev/sda1 にインストールする。
インストール方法は64ビットマシンにmSATAのアダプターを取り付けて
downloadしたイメージをCDに焼いたものからするのが一番簡単です。
インストール後にブートローダーはextlinuxにする。


syslinuxブートローダーからの切り替え→extlinux
# pacman -S syslinux
# mkdir -p /boot/extlinux
# extlinux --install /boot/extlinux
# cp /usr/lib/syslinux/bios/*.c32 /boot/extlinux
# dd bs=440 count=1 conv=notrunc if=/usr/lib/syslinux/bios/mbr.bin of=/dev/sda
# cp /boot/syslinux/syslinux.cfg /boot/extlinux/extlinux.conf

/boot/extlinux/extlinux.conf を編集時にHDの指定をuuidで行うために
コマンドでssdのuuidを確認しておくことが必要
# blkid
/dev/sda1: UUID="e9a4869d-a024-4de6-a91a-97b4b7e519c6" TYPE="ext4" PARTUUID="0005ab92-01"
/dev/sda2: LABEL="VOYAGE_FS" UUID="d8e4b7c7-3691-4404-bc58-c8d31c6f6335" TYPE="ext2" PARTUUID="0005ab92-02"

# vi /boot/extlinux/extlinux.conf
----------------------------------------------------------
# Config file for Syslinux -
# /boot/syslinux/syslinux.cfg
#
# Comboot modules:
# * menu.c32 - provides a text menu
# * vesamenu.c32 - provides a graphical menu
# * chain.c32 - chainload MBRs, partition boot sectors, Windows bootloaders
# * hdt.c32 - hardware detection tool
# * reboot.c32 - reboots the system
#
# To Use: Copy the respective files from /usr/lib/syslinux to /boot/syslinux.
# If /usr and /boot are on the same file system, symlink the files instead
# of copying them.
#
# If you do not use a menu, a 'boot:' prompt will be shown and the system
# will boot automatically after 5 seconds.
#
# Please review the wiki: https://wiki.archlinux.org/index.php/Syslinux
# The wiki provides further configuration examples

serial 0 115200

#DEFAULT arch
DEFAULT Arch_Linux_3.12.33-rt47
PROMPT 0 # Set to 1 if you always want to display the boot: prompt
TIMEOUT 50
# You can create syslinux keymaps with the keytab-lilo tool
#KBDMAP de.ktl

# Menu Configuration
# Either menu.c32 or vesamenu32.c32 must be copied to /boot/syslinux
UI menu.c32
#UI vesamenu.c32

# Refer to http://syslinux.zytor.com/wiki/index.php/Doc/menu
MENU TITLE Arch Linux
#MENU BACKGROUND splash.png
MENU COLOR border 30;44 #40ffffff #a0000000 std
MENU COLOR title 1;36;44 #9033ccff #a0000000 std
MENU COLOR sel 7;37;40 #e0ffffff #20ffffff all
MENU COLOR unsel 37;44 #50ffffff #a0000000 std
MENU COLOR help 37;40 #c0ffffff #a0000000 std
MENU COLOR timeout_msg 37;40 #80ffffff #00000000 std
MENU COLOR timeout 1;37;40 #c0ffffff #00000000 std
MENU COLOR msg07 37;40 #90ffffff #a0000000 std
MENU COLOR tabmsg 31;40 #30ffffff #00000000 std

# boot sections follow
#
# TIP: If you want a 1024x768 framebuffer, add "vga=773" to your kernel line.
#
#-*

LABEL arch
MENU LABEL Arch Linux
LINUX ../vmlinuz-linux
#APPEND root=/dev/sda3 rw
#6711d855-a94b-4170-a85d-d5a22ff7aac2
APPEND console=ttyS0,115200n8 root=UUID=6711d855-a94b-4170-a85d-d5a22ff7aac2 rw clocksource=hpet
INITRD ../initramfs-linux.img

LABEL archfallback
MENU LABEL Arch Linux Fallback
LINUX ../vmlinuz-linux
#APPEND root=/dev/sda3 rw
APPEND console=ttyS0,115200n8 root=UUID=6711d855-a94b-4170-a85d-d5a22ff7aac2 rw clocksource=hpet
COM32 chain.c32
INITRD ../initramfs-linux-fallback.img

######################################################################################################
LABEL voyage
MENU LABEL voyage Linux 0.10.0
LINUX /vm/boot/vmlinuz-3.14.12-voyage-rt-rt9
APPEND console=ttyS0,115200n8 root=UUID=634b3efb-f960-419d-b7a7-283cf93dceb9 rw
INITRD /vm/boot/initrd.img-3.14.12-voyage-rt-rt9

##
#KERNEL chain.c32
#UUID="634b3efb-f960-419d-b7a7-283cf93dceb9" TYPE="ext2" PARTUUID="0001ebd4-02"
######################################################################################################

#LABEL windows
# MENU LABEL Windows
# COM32 chain.c32
# APPEND hd0 1

LABEL hdt
MENU LABEL HDT (Hardware Detection Tool)
COM32 hdt.c32

LABEL reboot
MENU LABEL Reboot
COM32 reboot.c32

LABEL poweroff
MENU LABEL Poweroff
COM32 poweroff.c32


※Syslinux は設定ファイルと同じパーティションにあるファイルしかロードすることができません。
そのため、Linux の他バージョンを異なるパーティションに置いている (/boot を使っていない) ときは、
Extlinux を利用する必要がでてきます。
後述しますがこのextlinux.confにvoyage-mpdの起動項目を記述することになります。

ここまで来たら再起動してみる。メニューが表示出来るようになっているはず

2. voyage-mpdインストール
Archlinuxを起動して

# pacman -S rsync
# mkdir /mnt/cr を実行後に

/root(/dev/sda1)にvoyage-mpdのtarファイルをダウンロードして
/root/usr/local/sbin/voyage.updateを実行してインストールを行う。
※インストールパーテーションは /dev/sda2 です。

# wget http://mirror.voyage.hk/download/voyage-mpd/voyage-mpd-0.10.0.tar.xz
# xz -dv voyage-mpd-0.10.0.tar.xz
# tar -xvf voyage-mpd-0.10.0.tar # cd voyage-mpd-0.10.0

本体インストールは省略...

インストールは/dev/sda2の中なのでbostrapは2になる。
ブートローダーインストールは最初grubで良い。
※一度目の再起動時はvoyage-mpdが起動します。
※最初のvoyage-mpdの起動時に作業を行う
 その時にextlinuxで起動出来る様にブートローダーを入れ替える。
 ここで間違えると二度と起動できなくなるので注意

# wget ftp://ftp.kernel.org/pub/linux/utils/boot/syslinux/syslinux-6.03.tar.gz
# tar -zxvf syslinux-6.03.tar.gz
# cp ./syslinux-6.03/bios/mbr/mbr.bin /boot
# cp ./syslinux-6.03/bios/extlinux/extlinux /boot
# cd /boot
# vi /boot/extlinux.conf
--------------------------------------------------------------
serial 0 115200
DEFAULT voyage
#display /boot/voyage.txt
prompt 1
timeout 10
# voyage image
LABEL voyage
KERNEL /boot/vmlinuz-3.10.11-voyage
APPEND initrd=/boot/initrd.img-3.10.11-voyage console=ttyS0,115200 root=/dev/sdb1 ro
--------------------------------------------------------------
mbrを書き込みます。
# ./extlinux -i /boot
# cat mbr.bin >/dev/sda

ここでrebootしてarchlinuxで起動する。
# cd
# mkdir TEST
# mount /dev/sda2 TEST
# cd /
# mkdir vm
# cd vm
# ls -l /root/TEST/boot
-rw-r--r-- 1 root root 1398460 4月 17 16:25 System.map-3.14.12-voyage-rt-rt9
-rw-r--r-- 1 root root 113162 4月 30 01:55 coffee.bmp
-rw-r--r-- 1 root root 122430 4月 17 16:06 config-3.14.12-voyage-rt-rt9
-rw-r--r-- 1 root root 22560 4月 30 01:55 debian-de.bmp
-rw-r--r-- 1 root root 22466 4月 30 01:55 debian.bmp
-rw-r--r-- 1 root root 31628 4月 30 01:55 debianlilo.bmp
-rwxr-xr-x 1 root root 221776 5月 11 14:48 extlinux
drwxr-xr-x 2 root root 4096 5月 11 14:43 grub
-rw-r--r-- 1 root root 5077098 4月 30 01:57 initrd.img-3.14.12-voyage-rt-rt9
-rw-r--r-- 1 root root 22578 4月 30 01:55 inside.bmp
-r--r--r-- 1 root root 122308 5月 11 14:48 ldlinux.c32
-r--r--r-- 1 root root 69632 5月 11 14:48 ldlinux.sys
-rw-r--r-- 1 root root 440 5月 11 14:48 mbr.bin
-rw-r--r-- 1 root root 6878 4月 30 01:55 onlyblue.bmp
-rw-r--r-- 1 root root 33192 4月 30 01:55 tuxlogo.bmp
-rw-r--r-- 1 root root 2131872 4月 17 16:25 vmlinuz-3.14.12-voyage-rt-rt9
--------------------------------------------------------------
>

参考:インストール時のconfig /tmp/rootだとエラーになるときは/root/voyage-0.10-0でOK


※この/vmの謎が解けるまで時間がかかった。
要はgrub様に違うパーテーションを起動出来ないので
/vmに起動時のイメージをコピーする。
※syslinux では設定ファイルと同じパーティションにあるファイルしか
ロードすることができません。
そのため、Linux の他バージョンを異なるパーティションに置いている
(/boot を使っていない) 時は extlinux が必要です。



Copyright©2005-2006  熊の巣  All Right Reserved.  管理人へメール