VoyageMPD Starter Kit 2.01 for archlinux install


<< トップページへ

概要  

archlinux+APU1Cの音は良いです。Voyage-Mpdよりも好みです(笑)何回失敗したか分からないけど何とか完了しました。Kernel−3.17になってシステムの起動や登録方法が大幅に変更になり大変でした。

■実験の環境及び材料

使用PC:インテルCore i5 CPUマシン(X86-64系)
インストール使用メディア:archlinux-2014.12.01-dual.iso
使用アダプター:玄人志向 KRHK-MSATA/S7

■Arch linux install

インストール準備としてはmSATAアダプターをPCのケースをあけて接続するところから始まります。インストール作業はsshで接続しなくても可能ですが疲労倍増です(笑)コマンドの打ち間違いもコピーアンドペーストで防げますのでお勧めです。

インストールディスクで起動したところから説明をスタートします。sshでログインして作業できるように設定します。

1.パスワードを適当に決めて入力します。
パスワード設定コマンドを実行
# passwd 

sshを起動する。他のPCの端末から操作出来る様にする。            
# systemctl start sshd

アドレスを確認
# ip a | grep 192         

2.ここからは他のPCの端末からの操作です。

# ssh  -l root 192.xxx.xx.x

現状の表示
# fdisk -l

省略

Device     Boot Start      End  Sectors  Size Id Type
/dev/sdi1  *        1 31246424 31246424 14.9G 83 Linux

インストールするmSSDをフォーマットする。
※ここでブート可能なパーテーションを作成する
# fdisk /dev/sdi

ファイルシステムを作成する。          
# mkfs.ext4  /dev/sdi1

# tune2fs -c 0 -o journal_data_writeback /dev/sdi1

マウントして作業を始める
# mount /dev/sdi1 /mnt     

# vi /etc/pacman.d/mirrorlist
※日本のミラーサーバーが二カ所あるのでリストの先頭へ移動する。

システムのベースをインストール
# pacstrap /mnt base base-devel       
# pacstrap /mnt net-tools netctl dnsutils sysstat mlocate openssh     syslog-ng

※ブートローダーを入れ替えるためインストール
# pacstrap /mnt syslinux                                                                       
# genfstab -p /mnt >> /mnt/etc/fstab

システムの根本的部分はインストール来ているので/mntをルートとして
設定してインストール作業をする。

# arch-chroot /mnt

ロケールの設定
# vi  /etc/locale.gen
として

en_US.UTF-8 UTF-8
ja_JP.UTF-8 UTF-8

のコメントアウトを外します

# locale-gen
設定

# echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf
# export LANG=en_US.UTF-8
# vi  /etc/vconsole.conf
以下を記述します

KEYMAP=jp106

タイムゾーンとハードウェアクロックの設定

# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
# hwclock --systohc --utc



ブートローダーをインストール             
# syslinux-install_update -i -a -m 

ホストネームを決定
# echo "arch" >> /etc/hostname 
         
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

インストールされたHDのuuidを確認する。これはブートローダーで
ルートパーテーションを認識させるために必要
# blkid
/dev/sde1: UUID="caaa4993-a545-47f6-bd0d-12bda459f244"
 TYPE="ext4" PARTUUID="000a98f2-01"

ブートローダーのメニューを編集する。
# vi  /boot/syslinux/syslinux.cfg
---------------------------------------------------------------------------
編集内容 
1.先頭に追加
  serial 0 115200
2.append行を修正
APPEND console=ttyS0,115200n8 root=UUID=caaa4993-a545-47f6-bd0d-12bda459f244
 rw clocksource=hpet
---------------------------------------------------------------------------
適当に決めて入力
# passwd

# exit
# reboot

3.ここからmSATAカードをAPU1Cへ取り付けて作業を進める。

必ず起こる?ここでネットワークデバイスが消失...設定ファイルをコピー編集してネットワークを復活させる。

# ip a        ※現状を確認loデバイスしか見えないはず...

雛形をコピーする。
# cp -p /etc/netctl/examples/ethernet-dhcp /etc/netctl/dhcp  
    
# vi /etc/netctl/dhcp
---------------------------------------------------------------------------
編集内容
1.変更内容
Interface=enp1s0
---------------------------------------------------------------------------
2.コマンドを実行してLANデバイスを起動させる。
dhcpサービスを登録
# netctl enable dhcp 
   
# netctl start dhcp
デバイスの活性化

# systemctl start dhcpcd

IPアドレスの確認 
# ip a | grep 192

sshdサービスを登録      
# systemctl enable sshd 
 
# systemctl start sshd

パッケージデーターベースの更新
# pacman -Syy           

こんなエラーが出た...
error: failed to initialize alpm library
(database is incorrect version: /var/lib/pacman/)
error:   try running pacman-db-upgrades

パッケージデーターベースの更新
# pacman-db-upgrades       

再度コマンドの実行
# pacman -Syy
# pacman -S cifs-utils nfs-utils ntfs-3g
# pacman -S alsa-plugins alsa-utils alsaplayer
# pacman -S mpd mpc ncmpc

ここまで来たらあとは/etc/mpd.confの設定をして起動すれば音が出ます。
私の場合はalsaが初期状態でミュートがかかっていて音が出なくて焦りました(笑)

参考HP:http://mimizukobo.sakura.ne.jp/articles/articles017.html#033
※管理人さん(yoさん)にはお世話になりました。


Copyright©2005-2006  熊の巣  All Right Reserved.  管理人へメール