Kensington ExpertMouse Optical 



<< トッ プページへ

概要

マウスの使用に疲れて今度はトラックボール を試して見ることにしました。ちょっとマニアックなメーカーの製品なのですが製品の大きさと?デザインで選んで しまいました。








必要なパッケージ

xorg-x11-drv-evdev (FedoraCore純正)
xbindkeys (fedora extras)
xvkbd-2.8-1.rh9.rf  (RedhatLinux9用ですが動作するようです。)

設定

現在の設定を確認する。

$ cat /proc/bus/input/devices
I: Bus=0011 Vendor=0001 Product=0001 Version=ab41
N: Name="AT Translated Set 2 keyboard"
P: Phys=isa0060/serio0/input0
S: Sysfs=/class/input/input0
H: Handlers=kbd event0
B: EV=120013
B: KEY=4 2000000 3802078 f840d001 feffffdf ffefffff
ffffffff fffffffe
B: MSC=10
B: LED=7

I: Bus=0003 Vendor=047d Product=1020 Version=0100
N: Name="Kensington      Kensington Expert Mouse"
P: Phys=usb-0000:00:1d.0-2/input0
S: Sysfs=/class/input/input1
H: Handlers=mouse0 event1
B: EV=7
B: KEY=f0000 0 0 0 0 0 0 0 0
B: REL=103

I: Bus=0010 Vendor=001f Product=0001 Version=0100
N: Name="PC Speaker"
P: Phys=isa0061/input0
S: Sysfs=/class/input/input2
H: Handlers=kbd event2
B: EV=40001
B: SND=6


次に現在のボタンの割り付けを確認

このコマンドで押したマウスのボタンの番号が確認できます。

$ xev

ButtonPress event, serial 31, synthetic NO, window 0x7c00001,
    root 0x168, subw 0x0, time 905156773, (102,118), root:(109,180),
    state 0x10, button 1, same_screen YES





私の環境の場合は割り付けたいボタンの番号は8であることがわかりました。ここで/etc/X11/xorg.confに以下を追加します。

Section "InputDevice"
        Identifier  "Mouse0"
        Driver      "evdev"
        Option      "Device" "/dev/input/event1"
EndSection

/$HOME/hogeの.bashrcに以下を追加します。

#for  Kensington Expert Mouse
xbindkeys -f ${HOME}/.xbindkeysrc


登録するコマンドを設定します。(例を何通りか揚げてみます。)

$ cd
$ vi .xbindkeysrc

#"firefox"#firefox起動
#b:8
#"mythfrontend"#mythtv起動
#b:8
#"gnome-terminal"#端末を開く
#b:8
"xvkbd -xsendevent -text "\[Shift_L]\[Control_L]\Q""#端末を閉じる
b:8


以下のコマンドで設定を有効にします。

$ killall -HUP xbindkeys 


これで.xbindkeysrcに登録したコマンドが Expert Mouseのボタン8を押すことで実行できるようになります。

参考リンク

http://blog.goo.ne.jp/trash_box_2005/e/c8df4a74fd67f996fa42adfe018586cc
http://developer.momonga-linux.org/wiki/?evdev








Copyright©2005-2006  熊の巣  All Right Reserved.  管理人へメール