/ 雑記帳

[ Tags :: AK4499EQ ]

忘れてた... AK4499EQ Quad

良い音は出ている?様に思うがまだ未完成なんだな(笑)

AK4499-NEW



— posted by くま at 01:18 pm  

Quadへの道(3)

今回のセットではIV基板で一箇所部品変更を行った。
RDE5C1H181J0K1H03B → 
ECHU1H181GX5(チップ形積層メタライズドPPSフィルムコンデンサ )
このPanasonic製面実装型フイルムコンデンサー秋月電子説明によれば
HiFiオーディオ用として設計され、タンタルに比べ低歪、低雑音、低ESR との事です。
音質的には非常に良いと思いますが大容量品は無くサイズが巨大、熱に極端に弱いという欠点があります。

以前の投稿で期待はずれと書きましたが(適材適所)...
メインシステムに組み込んで試聴すると違いが明確に聴こえます。
しばらく聴き込んでみようと思います。

追記
この状態でテスト用オペアンプNJM4580DDから
購入しておいた2回路入J-FET入力高音質オペアンプ MUSES8920Dに差し替える。
何度も経験しているがこのオペアンプは新品からの寝起きが悪い。鳴らし込みが必要。

fc



— posted by くま at 08:22 am  

Quadへの道(2)

少し前に完成していた2枚と組み合わせて動作させて見た。
4枚を5Vだけで動作させると高サンプリングファイルを再生すると1Aを超える時がある(恐)
これでDAC4499基板は全部で8枚制作したが何枚組み立てても100%綺麗にできたというのが無い(泣)
各基板の何処かに誤魔化している部分が存在するのが残念(もちろんすべて完動品ではあるが)
今回組み合わせるIV基板のセラミックコンデンサーを使用していた180pFをフイルムコンデンサーにしてみた。
効果はあったが苦労の割に期待した程では無かったのが残念だ(笑)

test-4



— posted by くま at 10:05 pm  

Quadへの道

やっとここまで到達...50%なんだな(笑) Quadへの遥かな道!
今日はカッコいい?接続基板を4個制作した。
前回制作したモノと少し変えて基板間のクリアランスが無くなる様にしてみた。
こんなつまらない?モノでも 4個/半日 なんだなこれが...

AK4499-2


参考リンク DAC4499 再制作の件(8)

— posted by くま at 09:17 pm  

追加分DAC4499 x 2 +DAC4499-IV(OPA)x 2テスト

画像のIV基板には余計なコンデンサーがついていますが取り外も終了し
音出しテストは問題ありませんでした。
このセットをあと一組作らないとQuadにはなりません(泣)

test-2



test-1



— posted by くま at 06:42 pm  

DAC4499基板 アドレス設定

DAC4499のv1.1だとアドレス 0x24 0x26 がジャンパー線の追加配線をしないと使えない。
(JP5を開放(H)に設定する場合に不具合が出る。)
今回追加でv1.2の頒布をお願いしているのでこちらの方を2枚組み立てて組み合わせれば
0x24 0x26がジャンパー線の追加無しで設定出来るはず...

まぁ日本中でDAC4499基板を4枚組み合わせメインシステムで使用している輩なんて
何人存在するのか?そんな実情にも関わらず今回、対応していただいた藤原氏に感謝である。
高音質を目指してアナログ-デジタル電源を別供給にすると電源基板、トランスが多く必要になり
大型化大重量化するので一般的家庭では手に余す様な気がするけれど
4枚組み合わせ仕様は自分としてかなりオススメです(笑)


参考リンク DAC4499を仕上げるパターン修正!

— posted by くま at 07:32 am  

DAC4499基板 6枚目組立開始だが...

通算6枚目になるDAC4499基板の組立開始!...
AK4499EQをQuad構成にした音は個人的感想として
凄まじく深い切込みと分解能、瞬発力がある出音でAudio的にも音楽的にも所謂「良い音」だと感じます。
特筆に値する事項としては...
小音量時でも音のディテールが崩れずその表情の変化が感じ取れる事だと思う。
そしてその質感は決して硬質なものでは無く肌触りが素晴らしい。
これを一度聴いてしまうともう戻れない。もう一組増殖しようと画策中です(笑)...
しかしこの基板は部品点数は少ないのですが組立作業はかなり厳しいと感じています。

2つの電源ICのハンダ付けが最初の難所。値段は高価になるがリード付きのパッケージが良いなぁ
老眼が進んでいる自分としてはかなり神経を使う。
このリード無しパッケージのハンダ付けは自分の技量では顕微鏡が必須。
ICとその関連するコンデンサーをハンダ付け後、基板裏側放熱パットにハンダを流し込む前に
電源コネクター部分に仮リード線を付け5Vを入力し規定の電圧が出力されるか?確認している。

AK4499EQのパッケージは128-TQFPでピン間ピッチは0.4mmしか無いが
それでも外側にリードが出ているので何とかハンダ付けは可能でその後の確認は容易だ。
QFP等の狭ピッチのリード部品ハンダ付け解説をWeb上で見ると
「ブリッジは気にしなくて良い。後でフラックスを塗ってコテで撫でれば解消出来る。」というのを良く見る。
しかし実際のところ酷い狭ピッチリード部品でブリッジしたリード部分をコテで撫でると
ハンダがリード付け根に上がっていって更に悪化する場合も多い。
根本まで上ってしまうと普通のハンダゴテの先ではその部分に十分熱を加える事が出来ず
コネくリ回す事となり基板レジストやリードが破損...万事休す的になる場合がある(笑)
コテ先が細くても十分に熱が伝えられるハンダゴテを選ぶ事と
ハンダ付け時にコテ先はフットブリントと部品のリードが接している部分に当てて両者が同じ温度になる様に注意が必要だ。
前述のハンダがリードを登って行く現象はフットプリントの温度が低く
リード部分は温度が高くハンダが解けて流れる温度に先に到達すると起こる。
まぁリードピッチが0.4mmだとリード自体の幅が0.2mmだと接触するワケで当然リード幅はそれ以下の寸法。
コテ先の寸法を考えるとそんな極細のコテ先は存在しないワケでコテの当て方にも工夫が必要(笑)

AK4499-6


余談...組立作業時に基板裏表に傷を付けない様にスペーサーを付けて置くと良いかも...

— posted by くま at 09:18 am  

最近のシステム ブロック図

書いてはいないけどテスト段階で GentooPlayer + DirettaApp も...

Audio-system8



— posted by くま at 06:34 pm  

<< 2022.12 >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 


















T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0157 sec.