/ 768kHz/32Bit AK4490EQ DAC I2S/DSD input 基板パターンから必要電源を考える(1)
このエントリーに対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバック(以下TB)URLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

768kHz/32Bit AK4490EQ DAC I2S/DSD input 基板パターンから必要電源を考える(1)

http://www.diyinhk.com/shop/audio-kits/68-768khz32bit-ak4490eq-dac-i2sdsd-input.html
パターンを解析するとICのアナログ電源が左右独立で供給出来るようになっていたり
かなりマニアックだがアイソレートDDCで接続する場合で必要な電源としては
デジタル系:3.3V
アナログ系:3.3V
アナログ系:5.0V
アナログ系:±12.0V
-----------------------------------------------------------------------------------
For advance user only when AK4490 is used with isolated XMOS PCB:
1) To avoid click noise occurs during replug of USB cable,
remove FB1 and uses external 5v supply to CN3.
Please notes reversed polarity or over voltage can damage the xmos chip immediately.

1) USB ケーブルの抜き差し時に発生するノイズを避けるために、
FB1をはずしCN3へ外部5Vを供給しなさい。
メモ:極性の反転や過電圧でxmos はチップすぐに破損します 。
※基板シルクでは3.3VとなっているがHPでは上記の様に5Vとなっている?
-----------------------------------------------------------------------------------

ak4490eq



— posted by くま at 04:36 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

このエントリーに対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバック(以下TB)URLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

<< 2016.1 >>
SMTWTFS
     1 2
34 5 6 7 8 9
1011121314 1516
1718 1920212223
24252627282930
31       
 










T: Y: ALL: Online:
ThemePanel
Created in 0.0745 sec.